日付および時刻関数

ここで説明するステートメントおよび関数は、日付および時刻に関する計算を行うためのものです。

LibreOffice Basic での日付および時刻の計算では、これらの情報をいったん連続的な数値に変換してから、各種の処理を行います。そして必要な処理の終了後、専用の変換用関数を用いて、計算結果を通常の日付や時刻の形式に戻します。

ヒント

特定時点の日付と時刻を示す情報は、 1 つの浮動小数点数値として変換されます。その際に日付は整数部とされ、時刻は小数部として変換されます。また LibreOffice Basic には Date (日付) 型の変数も用意されており、この中には日付と時刻の両方を示すデータを格納できます。


日付データの変換

このセクションの関数は、日付データから計算用数値への変換、および逆変換を行うためのものです。

時刻データの変換

このセクションの関数は、時刻データから計算用数値への変換を行うためのものです。

システム日付と時刻

このセクションの関数とステートメントは、システムからの日付や時刻の取得および、これらの設定値の変更を行うためのものです。

ご支援をお願いします!