Basic エディター

Basic エディターには、文書ドキュメントに使用される、標準的な編集機能が用意されています。標準的な 編集 メニューの機能 (切り取り、削除、貼り付け) を始め、Shift キーを使ったテキスト選択や、カーソル移動 (たとえば ( ) + 矢印 キーによる単語の移動) などの各種機能が利用できます。

長い行は、行の最後の 2 文字としてスペースとアンダーライン文字 _ を挿入することにより、いくつかの部分に分割することができます。 これにより、その行は 1 つの論理線に対する次の行と結合されます。 (同じ Basic モジュールで "Option Compatible" が使用されている場合、継続行の機能はコメント行でも有効です。)

マクロ バーの Basic プログラムの実行 アイコンを押すと、Basic エディターの最初の行でプログラムの実行が開始されます。プログラムは最初の Sub または Function を実行し、その後、プログラムの実行が停止します。「Sub Main」は、プログラムの実行では優先されません。

ヒント

最初に IDE を開くときに表示される Sub Main 行と End Sub 行の間に Basic のコードを挿入します。あるいは、すべての行を削除して、独自の Basic コードを入力します。


プロジェクトの操作法

ライブラリリスト

ツールバーの左側にある ライブラリ リストで、エディターに読み込むライブラリを選択します。選択したライブラリの最初のモジュールが表示されます。

オブジェクトカタログ

マクロツールバーのアイコン オブジェクトカタログ をクリックすると、オブジェクトカタログが表示されます。

このダイアログには、存在するすべてのオブジェクトが階層表示されます。リスト中の項目をダブルクリックすると、その下層にあるオブジェクトが表示されます。

To display a certain module in the Editor or to position the cursor in a selected SUB or FUNCTION, double click on the corresponding entry.

Basic ソースコードの読み込みと保存

Basic プログラムコードをテキスト形式で保存し、それを他のプログラミングシステムでインポートしたり保存したりすることができます。

警告マーク

ただし、Basic ダイアログをテキストファイルに保存することはできません。


ソースコードをテキストファイルで保存する

  1. オブジェクトカタログで、テキストファイルに保存するモジュールを選択します。

  2. マクロツールバーにあるアイコン ソーステキストに名前を付けて保存... をクリックします。

  3. ファイル名を指定して、保存 をクリックします。

テキスト形式の Basic プログラムコードを読み込む

  1. オブジェクトカタログで、テキストファイルをインポートするモジュールを選択します。

  2. プログラムコードを挿入する位置に、カーソルを移動します。

  3. マクロツールバーにあるアイコン ソーステキストの挿入 をクリックします。

  4. 読み込むプログラムコードが記述されたテキストファイルを選択して、開く をクリックします。

ご支援をお願いします!