Pythonスクリプトの管理と場所

LibreOffice macros are grouped in module files, modules are usually grouped in library folders, and libraries are grouped in library containers although containers can contain modules too.

A library is used as a major grouping for either an entire category of macros, or for an entire application. Modules usually split functionality, such as user interaction and calculations. Individual macros are subroutines and functions. The Figure below shows an example of the hierarchical structure of macro libraries in LibreOffice.

Library Container diagram

Figure: Macro Library hierarchy

The containers are accessible in all LibreOffice programs through the user interface. Go to Tools > Macros > Organize Macros > Python, to open the Python Macros dialog.

Three library containers are shown in the Macro From list:

  1. My Macros: personal macros available for the LibreOffice user

  2. LibreOffice Macros: system macros distributed with LibreOffice for every computer user

  3. Document macros: every document can contain macro libraries available in that document for all users

Pythonスクリプトの場所

Pythonスクリプトの場所にプログラムからアクセスするには、「セッション情報の取得」を参照してください。

LibreOffice Macros

この場所(コンテナー)にある既存のマクロは、インストールされたプログラムによってコピーされ、すべてのコンピュータのユーザーが利用できます。開いているドキュメントは、コンテナーに保存されているマクロにアクセスできます。このマクロを保存、編集するには管理者権限が必要です。

ファイルシステム上のLibreOfficeマクロコンテナーの場所は、OSによって異なります。

マイマクロ

このコンテナーには、LibreOfficeユーザーのみアクセスできます。開いているドキュメントは、コンテナーに格納されているマクロにアクセスできます。この場所のマクロは、LibreOfficeユーザープロファイルに保存されます。

マイマクロコンテナーの場所はユーザー空間にあり、OSによって異なります。

ドキュメントマクロ

ドキュメントマクロはドキュメントに埋め込まれており、ドキュメントが開いている場合にのみアクセスできます。

ライブラリ、モジュール、およびマクロ

Python macros can be organized in libraries, modules and macros. Use the Macro Library hierarchy as a guide when creating or installing new macros in module files, new module files in library folders or new library folders in containers.

ご支援をお願いします!