オートコレクトを無効にする

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

LibreOffice の標準設定では、一般的なタイプミスを自動訂正するようになっており、ユーザーによるテキスト入力と同時に各種の書式設定を自動的に施します。

  • オートコレクトやオートコンプリートによる変更結果は、(Ctrl) + (Z) を押すと、すばやく取り消すことができます。
  • オートフォーマット機能をオフにするには、書式 → オートコレクト → 入力時 を選択して、チェックマークを外します。

特定の用語をオートコレクトのリストから削除するには、下記の手順で操作します。

  1. ツール → オートコレクトオプションを選択します。
  2. 置換 タブをクリックします。
  3. オートコレクト リストで、削除する用語のペアを選択します。
  4. 削除 をクリックします。

クオーテーションマーク (引用符) の置換機能を解除するには、下記の手順で操作します。

  1. ツール → オートコレクトオプションを選択します。
  2. 言語固有のオプション タブをクリックします。
  3. 「置換」チェックボックスをオフにします。

文章の先頭文字の大文字化機能を解除するには、下記の手順で操作します。

  1. ツール → オートコレクトオプションを選択します。
  2. オプション タブをクリックします。
  3. チェックボックス すべての文を大文字で始める をオフにします。

同一文字の 3 連続入力時の罫線への置換機能を解除するには、下記の手順で操作します。

「-」、「_」、「=」、「*」、「~」、「#」の記号は、3 個連続入力して Enter キーを押すと、LibreOffice が自動的に罫線へ変換します。

  1. ツール → オートコレクトオプションを選択します。
  2. オプション タブをクリックします。
  3. 「外枠をつける」 チェックボックスをオフにします。

関連項目

テキストブロックを入力支援として使用する

テキストに線を挿入する

表での数字の認識をオフにする