From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

文書ドキュメントで表を挿入、編集、または削除するコマンドを表示します。

挿入

新規に表を挿入します。

列を挿入します。

行を挿入します。

削除

現在の表を削除します。

選択中の列を削除します。

選択中の行を削除します。

選択

現在の表を選択します。

現在の列を選択します。

現在の行を選択します。

セル

現在のセルを選択します。

セルの結合

選択した複数のセルを1つのセルに結合します。

セルの分割

セルを上下あるいは左右に、入力した数に分割します。

表の結合

隣接する 2 つの表を 1 つの表に結合させます。連結する 2 つの表は、間に空白行などが入ることなく、直に隣接している必要があります。

表の分割

選択した表を、カーソル位置で 2 つの表に分割します。このコマンドは、表セル中で右クリックをしても選択できます。

表のオートフォーマット

選択中の表に対して、フォント、背景、外枠などの書式をまとめて適用します。

サイズの自動調整

列幅

列の幅を変更するための 列の幅 ダイアログを開きます。

最適な列幅

セル内のテキストの長さに合わせて、列の幅を自動的に調整します。調整の対象となる列以外は、実行前の列幅に保たれます。 なお、表全体の幅をページの幅より大きくすることはできません。

列の均等分割

選択した列の幅を最大幅の列に揃えます。 表の幅の合計は、ページの幅を超えることはできません。

行の高さ

行の高さを変更するための 高さ ダイアログを開きます。

最適な行の高さ

行の高さを、セルの内容に合わせて自動調整させます。新規に作成する表には、標準でこの設定が適用されます。

行の均等分割

選択した行の高さを一番高い行に合わせます。

ページおよび段をまたいで行を分割させる

現在の行の中で、改ページを許可します。

見出し行の繰り返し

表が複数ページにまたがる場合に、次ページ以降の先頭で表の見出し行を再表示させます。

変換

文字列を表にする

選択中のテキストを表に変換できるダイアログを開きます。

表の解除

現在の表をテキストに変換できるダイアログを開きます。

並べ替え

選択中の段落や表の行を、文字順または数字順で並べ替えます。並べ替え用のキーは最高 3 つまで設定でき、個々のキーごとに文字順で並べ替えるか数字順で並べ替えるかを指定できます。

数式

数式の入力および編集をするための数式バーを開きます。

数字の書式

表中の数字の表示形式を指定するためのダイアログを開きます。

表のプロパティ

選択中の表について、名前、配置、間隔、列幅、外枠、背景などの属性を指定します。