LibreOffice Writer のショートカットキー

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

ショートカットキーを使用すると、LibreOffice で頻繁に使用する作業をすばやく実行できます。ここでは、LibreOffice Writer の標準設定のショートカットキーのリストを示します。

Note.png いくつかのショートカットキーがデスクトップシステムに割り当てられている場合があります。 デスクトップシステムに割り当てられているキーは LibreOffice には使用できません。 LibreOffice の ツール → カスタマイズ → キーボードタブを選択するか、またはデスクトップシステムで別のキー割り当てを行なってみてください。

LibreOfficeでは、一般的なショートカットキーも使用できます。

LibreOffice Writerのファンクションキー

ショートカットキー 効果
F2 数式バー
Ctrl+F2 フィールドの挿入
F3 入力支援を開く
Ctrl+F3 入力支援で編集
F4 データソース表示を開く
Shift + F4 次の枠を選択する
F5 ナビゲーターのオン、オフ
Ctrl+Shift+F5 ナビゲーターをオンにし、ページ番号に移動
F7 スペルチェック
Ctrl+F7 類義語辞典
F8 拡張モード
Ctrl + F8 キー 強調灰色バックのオン、オフ
Shift + F8 追加選択モード
Ctrl + Shift + F8 キー ブロック選択モード
F9 フィールドの更新
Ctrl + F9 フィールドの表示
Shift + F9 表の計算
Ctrl + F9 キー 入力フィールドおよび入力リストの更新
Ctrl+F10 編集記号のオン、オフ
(F11) スタイルと書式設定ウィンドウの表示と非表示の切り換え
Shift + F11 スタイルの作成
Ctrl+F11 アップル式のボックスに設定します。
Ctrl+Shift+F11 スタイルの更新
F12 番号付けをオンにする
Ctrl+F12 表の挿入または編集
Shift + F12 箇条書きをオンにする
Ctrl+Shift+F12 箇条書きと番号付けをオフにする

LibreOffice Writer のショートカットキー

ショートカットキー 効果
Ctrl+A すべてを選択
Ctrl+J 両端揃え
(Ctrl) + (D) 二重下線
Ctrl+E 中央揃え
Ctrl+H 検索と置換
Ctrl+Shift+P 上付き文字
Ctrl+L 左揃え
(Ctrl) + (R) 右揃え
Ctrl+Shift+B 下付き文字
(Ctrl) + (Y) 最後の操作のやり直し
Ctrl + ゼロ (0) キー 標準段落スタイルを適用する
Ctrl + 1 段落スタイル「見出し 1」を適用する
Ctrl + 2 段落スタイル「見出し 2」を適用する
Ctrl + 3 段落スタイル「見出し 3」を適用する
(Ctrl) + 4 段落スタイル「見出し 4」を適用する
Ctrl + 5 段落スタイル「見出し 5」を適用する
Ctrl + プラス (+) キー 選択範囲のテキストを計算式として評価し、その結果をクリップボードにコピーします。
Ctrl + ハイフン (-) キー ユーザー定義のハイフン; ユーザーが単語に挿入するハイフン。
Ctrl + Shift + マイナス (-) キー 保護されたハイフン (通常の分綴用ハイフンとしては使用しません)
Ctrl + テンキーのアスタリスク (*) キー マクロフィールドの実行
Ctrl + Shift + Space 保護されたスペース。保護されたスペースはハイフネーションには使用されません。また、両端揃えの場合も展開されません。
Shift +Enterキー 任意改行 (段落内の改行)
(Ctrl)+ (Enter) 任意改ページ
Ctrl + Shift + Enter 段組み構成のテキストにおける改段
Alt + Enter リストの内側に番号付けしないで段落を挿入する。カーソルがリストの最後にあるときは働きません。
Alt + Enter Inserting a new paragraph directly before or after a section, or before a table.
左矢印キー カーソルを左へ移動
Shift +左矢印キー 1文字ずつ左に選択
Ctrl+左矢印キー 単語の始めにジャンプ
Ctrl+Shift+左矢印キー 単語ごとに選択 (左方向)
右矢印キー カーソルを右へ移動
Shift +右矢印キー 1文字ずつ右に選択
Ctrl+右矢印キー 次の単語の最初に行きます。
Ctrl+Shift+右矢印キー 単語ごとに選択 (右方向)
上矢印キー カーソルを 1 行上に移動します。
Shift +上矢印キー 上方向に1行選択
Ctrl + 上矢印 前の段落の最初にカーソルを移動
CtrlShift+上矢印キー 段落の先頭まで選択します。次のキー操作で、選択を前の段落の先頭まで拡張します。
下矢印キー 下の行に移動
Shift +下矢印キー 下方向に1行選択
Ctrl+下矢印キー 前の段落の最初にカーソルを移動
CtrlShift+下矢印キー 段落の最後まで選択する。次のキー操作で、選択を前の段落の最後まで拡張する。
Home 行頭にジャンプ
Home+Shift 行頭に移動および選択
End 行末にジャンプ
End+Shift 行末に移動および選択
Ctrl+Home ドキュメントの始めにジャンプ
Ctrl+Home+Shift ドキュメントの始めまで選択
Ctrl+End ドキュメント末にジャンプ
Ctrl+End+Shift ドキュメント末まで選択
Ctrl + PageUp キー カーソル位置をテキストまたはヘッダーに切り替える
Ctrl + PageDown キー カーソル位置をテキストまたはフッターに切り替える
Insert 挿入モードのオン、オフ
PageUp 画面を上にスクロール
Shift + PageUp 画面を上にスクロールしながら選択
PageDown 画面を下にスクロール
Shift + PageDown 画面を下にスクロールしながら選択
Ctrl+Del 単語末まで削除
Ctrl+Backspace 単語の始めまで削除

リストで、現在の段落の前にある空白の段落を削除します。

Ctrl+Del+Shift その文の終わりまで削除
Ctrl + Shift + Backspace キー その文の始めまで削除
Ctrl + Tab キー オートワードコンプリーションで、次の候補を使用する
Ctrl + Shift + Tab キー オートワードコンプリーションで、前の候補を使用する
Ctrl+Alt+Shift+V キー 書式設定されていないクリップボードの内容を貼り付けます。
Ctrl + ダブルクリック または Ctrl + Shift + F10 キー このショートカットキーは、ナビゲーターやスタイルと書式設定などのウィンドウを素早くドッキングしたり、それを解除したりするのに使用します。

段落と見出しレベルのショートカットキー

ショートカットキー 効果
Ctrl+Alt + 上矢印キー 現在の段落または選択されている段落の 1 段落上への移動
Ctrl+Alt + 下矢印キー 現在の段落または選択されている複数段落を1段落繰り下げ
Tab 「見出し X」 (X = 1 ~ 9) 書式の見出しが、アウトラインで1レベル下へ
Shift + Tab 「見出しX」 (X = 2 ~ 10) 書式の見出しが、アウトラインで1レベル上へ
Ctrl + Tab キー

見出しの最初: タブストップを挿入します。使用中のウィンドウマネージャーによっては、 Alt 代わりに、Tab キーを使用します。

見出しレベルをキー操作で切り替える際には、カーソルを見出しの前に置いた上で操作します。

LibreOffice Writer の表のショートカットキー

Ctrl + Shift + T キー

ショートカットキー 効果
Ctrl+A 現在のセルが空白の場合は表全体が選択されます。それ以外の場合は現在のセル内容が選択され、もう一度操作すると表全体が選択されます。
Ctrl+Home 現在のセルが空白の場合は表の始めにジャンプします。それ以外の場合は、1度目は現在のセルの始めにジャンプ、2度目は現在の表の始めにジャンプ、3度目はドキュメントの始めにジャンプします。
Ctrl+End 現在のセルが空白の場合は表の終わりにジャンプします。それ以外の場合は、1度目は現在のセルの終わりにジャンプ、2度目は現在の表の終わりにジャンプ、3度目はドキュメントの終わりにジャンプします。
Ctrl + Tab キー タブストップを挿入します (表中でのみ) 。 使用中のウィンドウマネージャーによっては、 Alt 代わりに、Tab キーを使用します。
Alt + 矢印キー 列は右辺、行は下辺でサイズの拡大または縮小
Alt+Shift+ 矢印キー 列は左辺、行は上辺でサイズの拡大または縮小
Alt + Ctrl + 矢印キー 現在のセルのみを変更対象とする以外は、Alt キー単独の場合と同様
Ctrl+Alt + Shift + 矢印キー 現在のセルのみを変更対象とする以外は、Alt キー単独の場合と同様
Alt + Insert キー 3 秒間有効な挿入モードに移行します。この間に矢印キーを押すと、行または列が挿入され、Ctrl + 矢印キーを押すと、セルが挿入されます。
Alt+ Del キー 3 秒間有効な削除モードに移行します。この間に矢印キーを押すと、表の行または列が削除され、Ctrl + 矢印キーを押すと、隣接する 2 つのセルを結合します。
選択したすべての表のセル保護を解除します。ドキュメント内にカーソルが置かれており、表が選択されていない場合は、すべての表のセル保護が解除されます。
Shift + Ctrl + Del キー セル全体が選択されていない場合、カーソルから現在の文の終わりまでのテキストが削除されます。カーソルがセルの終わりにあり、セル全体が選択されていない場合、次のセルの内容が削除されます。

セル全体が選択されておらず、カーソルが表の末尾にある場合、それが文書の最後の段落でなければ、表の後の段落は消去されます。

1 つまたは複数のセルを選択すると、選択したセルを含む行全体が削除されます。すべての行または一部を選択すると、表全体が削除されます。

枠、図、およびオブジェクトを移動まはたはサイズ変更するためのショートカットキー

ショートカットキー 効果
Esc カーソルがテキスト枠内にあり、テキストが選択されていない場合: (Esc) でテキスト枠を選択。

テキスト枠が選択されている場合: (Esc) でテキスト枠からカーソルを削除。

F2 キー、Enter キー、または印刷可能な文字を生成する任意のキー (「テキストキー」と呼ぶ) テキスト枠が選択されている場合、カーソルをテキスト枠内のテキストの終わりに移動。ドキュメントが編集モードのときに任意のテキストキーを押すと、対応する文字がテキストの終わりに追加されます。
Alt + 矢印キー オブジェクトを移動
Alt + Ctrl + 矢印キー 右辺または下辺によるサイズ変更
Alt+Ctrl+Shift+Arrow キー 左辺または上辺によるサイズ変更
Ctrl + Tab キー オブジェクトのアンカーを選択する (制御点編集モード)

Related Topics

キーボードによるナビゲートと選択

ショートカットキーの使用法 (LibreOffice Writer のユーザ補助機能)

ショートカット (LibreOffice アクセシビリティ)