差し込み印刷ウィザード - アドレスブロックの挿入

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

差し込み印刷ドキュメントの受信者だけでなく、アドレスブロックのレイアウトも指定します。

Note.png すでにアドレスデータベースフィールドを含んでいる文書ドキュメントでウィザードを開始した場合、このページに対して差し込み印刷ウィザードが開きます。このページに対して直接ウィザードが開いた場合、アドレスリストの選択 ボタンは 他のアドレスリストの選択 という名前になります。
Note.png このページのタイトルは、手紙の場合は アドレスブロック で、電子メールメッセージの場合は アドレスリスト です。

アドレスリストの選択

アドレスのデータソースを選択したり、新しいアドレスを追加したり、新しいアドレスリストに入力したりできる アドレスリストの選択 ダイアログを開きます。

Warning.png 差し込み印刷で現在使用されている Calc 表計算データソースの一部のレコードを編集する場合、これらの変更は差し込み印刷に表示されません。

このドキュメントにアドレスブロックが挿入されます

差し込み印刷ドキュメントにアドレスブロックを追加します。

使用するアドレスブロックのレイアウトを選択します。

空フィールドのみを含む行を非表示にする

アドレスの空白行を残せるようにします。

詳細

アドレスブロックの選択 ダイアログを開きます。

フィールドの区別

フィールドに一致 ダイアログを開きます。

(ブラウズボタン)

前後のデータレコードの情報をプレビューするには、ブラウズボタンを使用します。

差し込み印刷ウィザード - 挨拶文の作成