絶対リンクと相対リンク

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

ハイパーリンクを設定する場合は、保存時に相対リンクと絶対リンクのどちらにするのか、および、リンク先のファイルが存在するのかの 2 点に注意する必要があります。

  • LibreOffice で 相対的または絶対的ハイパーリンク を作成する場合、ツール → オプション → 読み込み / 保存 → 全般 を選択して ファイルシステムに関連した URL を保存、URL アドレスの相対保存 を設定します。相対的リンクは、作業中のドキュメントとそのリンク先が同一のドライブにある場合にのみ可能です。
  • You should create the same directory structure on your hard disk as that which exists in the web space hosted by your Internet provider. Call the root directory for the homepage on your hard disk "homepage", for example. The start file is then "index.html", the full path being "C:\homepage\index.html" (assuming Windows operating system). The URL on your Internet provider's server might then be as follows: "http://www.myprovider.com/mypage/index.html". With relative addressing, you indicate the link relative to the location of the output document. For example, if you placed all the graphics for your homepage in a subfolder called "C:\homepage\images", you would need to give the following path to access the graphic "picture.gif": "images\picture.gif". This is the relative path, starting from the location of the file "index.html". On the provider's server, you would place the picture in the folder "mypage/images". When you transfer the document "index.html" to the provider's server through the File - Save As' dialog, and if you have marked the option Copy local images to Internet under Tools - Options' - Load/Save - HTML Compatibility, LibreOffice will automatically copy the graphic to the correct directory on the server.
  • 「C:\homepage\graphics\picture.gif」などの絶対パスは、プロバイダー側のサーバーでは機能しません。サーバー側にしろ他のユーザーのコンピューターにしろ、必ずしもハードディスクに C ドライブがあるとは限りませんし、オペレーティングシステムの中でも UNIX や MacOS などは、こうしたドライブレターを認識しないので、仮に homepage\graphics というフォルダーが存在しても、そのままではこのフォルダー中の画像にアクセスできないからです。このためファイルのリンクに関しては、相対アドレス指定を用いる方が無難です。
  • Web ページへのリンク、例えば、「www.example.com」または「www.myprovider.com/mypage/index.html」は絶対リンクです。
  • また LibreOffice では、リンクの参照先ファイルが存在しているか、およびその位置が特定されているかによって、その扱いが異なってきます。LibreOffice は、新規のリンクをすべて自動的にチェックして、ターゲットとプロトコルの設定を行います。この結果は、ソースドキュメントを保存して得られる HTML コードに反映されます。
  • ルールは次の通りです。相対的アドレス(「graphic/image.gif」)はファイルが両方とも同じドライブにある場合に限って有効です。ファイルが両方とも別々のドライブにあっても同じローカルファイルシステム内にある場合は、「file:」プロトコル(「file:///data1/xyz/image.gif」)付きで絶対アドレスが指定されます。ファイルが両方とも別々のサーバーあったり、または一時的にリンク先がない場合、「http:」プロトコル(「http://data2/abc/image.gif」)付きで絶対アドレスが指定されます。
  • ホームページを構成するすべてのファイルは、ホームページのスタート位置とするファイルと同じドライブに配置するようにします。こうすることで LibreOffice は、サーバー側での参照情報が常に正しくなるよう、プロトコルとターゲットを設定できます。
Warning.png LibreOffice は内部では絶対的パスで動作しているので、ハイパーリンクと HTML ソーステキストエディターのヒントヘルプでは常に絶対的表記をとっています。作成した HTML ファイルを「テキスト」として読み込むか、またはテキストエディターで開いた場合にはじめて、HTML エクスポートでファイルに書き込きこんだものの結果が確認できます。

関連項目

ハイパーリンクの編集