位置

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

番号付けリストと箇条書きリストのインデント、間隔、配置に関するオプションを設定します。

書式 → '箇条書きと番号付け' → 位置 タブ

When in Writer: ツール → 章番号付け → 位置 タブ

When in Writer: スタイルと書式設定 → リストのスタイル → コンテキストメニューを開き、新規または変更 を選択します。

Note.png The Position tab page looks different for documents using the new position and spacing attributes introduced with OpenOffice.org 3.0 (and used in all versions of LibreOffice), or documents using the old attributes from versions before 3.0. The new version of this tab page shows the controls "Numbering followed by", "Numbering alignment", "Aligned at", and "Indent at". The old version of this tab page that can be seen in an old numbered or bulleted list shows the controls "Indent", "Width of numbering", "Minimum space between numbering and text", and "Numbering alignment".

レベル

変更する階層を選択します。

番号に続く空白

番号に続く要素 (「タブ」、「スペース」、「なし」) を選択します。

空白の幅

タブストップを選択して番号付けする場合は、タブストップの位置として正またはゼロの値を入力できます。

番号の配置

番号付けシンボルの揃え方を設定します。番号付けシンボルを"左"に揃えるを選択すると、"揃える" 位置からすぐに始まります。番号付けシンボルを"右"に揃えるを選択すると、"揃える"位置のすぐ前で終わります。"中央"を選択すると、"揃える"位置でシンボルを中央に揃えます。

Note.png オプション 番号の配置 により、段落の整列設定が影響を受けることはありません。

揃える位置

番号付けシンボルを揃える左ページ・マージンからの距離を入力します。

インデントの位置

左ページのマージンから、最初の行につづく番号の付いた段落のすべての行の始まりまでの距離を入力します。

間隔

左のページマージン (テキストオブジェクトの左端) から番号付け記号の左端までの間隔の量を入力します。 現在の段落スタイルにインデントが適用されている場合、ここで入力した値がインデントに追加されます。

相対的

リスト階層内の前の階層を基準にして、現在の階層をインデントさせます。

番号付けの幅

番号付け記号の左端とテキストの左端の間にとるマージンの値を入力します。

When in Writer: 通し番号

When in Writer: 番号付け記号の右端とテキストの左端の間にとるマージンの最小値を入力します。

標準

インデントと間隔が標準の値にリセットされます。

プレビューフィールド

現在の選択対象のプレビューが表示されます。


Related Topics

段落の配置