別の形式で保存されたドキュメントを開く

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

別の形式で保存されたドキュメントを開くには、次の操作を行います。

  1. ファイル → 開く を選択します。
  2. リスト ファイルの種類 からいずれかの形式を選択します。
  3. ファイル名を選択し、開く をクリックします。

ファイルダイアログで、別のファイル形式を標準として表示させるためには、ツール → オプション → 読み込み / 保存 → 全般 を選択して、標準のファイル形式と ODF 設定 の中で指定します。

フォルダー内のドキュメントを全て変換する

Microsoft Word、Microsoft Excel または Microsoft Powerpoint のすべてのドキュメントをコピーし、OpenDocument ファイル形式のドキュメントに変換するため、操作手順をガイドするウィザードを開きます。ソースディレクトリおよびターゲットディレクトリを選択し、ドキュメント、テンプレートなどを変換するかどうかを指定します

When in Writer: == Writer で HTML ファイルを開く ==

  • LibreOffice Writer/Web で開くには、ファイルタイプ「HTML ドキュメント」を選択します。 LibreOffice の HTML ドキュメントでは、これがデフォルトです。

    HTML ソースの表示など、LibreOffice Writer/Web のすべてのオプションが使用できるようになりました。
  • 「HTML ドキュメント (LibreOffice Writer)」を選択して LibreOffice Writer で開きます。

    LibreOffice Writer のすべてのオプションが使用できるようになりました。 LibreOffice Writer でドキュメントの編集用に用意されているすべてのオプションが HTML 形式で保存できるわけではありません。

Related Topics

XML ファイル形式

ドキュメントの別形式での保存

Microsoft Office ドキュメントの変換について

Microsoft Office と LibreOffice の併用

VBA コードの取り扱い

既定値とするファイル形式の設定

Microsoft Office ドキュメントのファイルの関連付け設定