言語

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

ドキュメントのデフォルト言語とその他のいくつかのロケール設定を定義します。

ツール → オプション → 言語設定 → 言語 を選択

言語

ユーザーインタフェース

メニュー、ダイアログ、ヘルプファイルなどのユーザーインターフェースに使用される言語を選択します。1 つ以上の追加言語パックまたはマルチランゲージバージョンの LibreOffice をインストールしておく必要があります。

「標準」を選択すると、オペレーティングシステム設定したユーザーインタフェースの言語が使われます。その言語が LibreOffice にはインストールされていない場合、LibreOffice インストール時の言語が標準の言語になります。

ロケール設定

Specifies the locale setting of the country setting. This influences settings for numbering, currency and units of measure.

「標準」を選択すると、オペレーティングシステムで設定されているロケールが使われます。

このフィールドを変更すると、その設定が直ちに適用されます。ただし、標準で設定される書式の一部には、ドキュメントを新しく読み込んだ場合にのみ変更されるものもあります。

10 進数区切り子キー - ロケール設定と同じ

数値パッド上の対応するキーを押した時に、システムで設定されている 10 進数区切り子キーを使用するよう指定します。

このチェックボックスがオンである場合、数値パッドでキーを押すと、「ロケール設定と同じ」の後に表示されている文字が挿入されます。このチェックボックスがオフである場合、キーボードのドライバーソフトウェアが提供する文字が挿入されます。

標準の通貨

Specifies the default currency that is used for the currency format and the currency fields. If you change the locale setting, the default currency changes automatically.

「標準」項目は、選択したローカル設定に割り振られている通貨書式を反映します。

標準の通貨 を変更すると、開いているすべてのドキュメントにその設定が反映されます。また、ドキュメント内の通貨書式を管理するダイアログとアイコンが設定に従って変更されます。

Date acceptance patterns

Specifies the date acceptance patterns for the current locale. Calc spreadsheet and Writer table cell input needs to match locale dependent date acceptance patterns before it is recognized as a valid date. Default locale dependent date acceptance patterns are generated build time, but it is possible to add more or modify them in this edit box.

Additionally to the date acceptance patterns defined here, every locale accepts input in an ISO 8601 Y-M-D pattern, and since LibreOffice 3.5 that also leads to the YYYY-MM-DD format being applied.

Syntax: Y means year, M means month, and D means day, regardless of localizaton.

ドキュメントの標準言語

スペルチェック、類義語辞典、ハイフネーションで使用する言語を指定します。

ドキュメントの言語を選択

Warning.png 選択した言語のスペルチェックは、対応する言語モジュールをインストールしている場合にのみ機能します。 この言語に対してスペルチェックがアクティブになっている場合、言語項目の前にチェックマークが付いています。

西欧諸言語

Specifies the language used for the spellcheck function in western alphabets.

アジア諸言語

Specifies the language used for the spellcheck function in Asian alphabets.

CTL

Specifies the language for the complex text layout spellcheck.

現在のドキュメントのみに適用

Specifies that the settings for default languages are valid only for the current document.

拡張言語サポート

Show UI elements for East Asian writings

Activates Asian languages support. You can now modify the corresponding Asian language settings in LibreOffice.

日本語、中国語、韓国語を使用する場合は、これらの言語のサポートをオンにします。

Show UI elements for Bi-Directional writing

Activates complex text layout support. You can now modify the settings corresponding to complex text layout in LibreOffice.

複合文字言語の使用

Ignore system input language

Indicates whether changes to the system input language/keyboard will be ignored. If ignored, when new text is typed that text will follow the language of the document or current paragraph, not the current system language.