グラフィックフィルターバー

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

画像 バーにあるこのアイコンは、選択した画像にさまざまなフィルターを使用できる グラフィックフィルター バーを開きます。

アイコン
フィルター

逆転

カラー画像の場合はカラーを逆転させ、グレースケール画像の場合は明度を逆転させます。効果を元に戻すには、フィルターを再度適用します。

アイコン
逆転

ぼかし

ローパスフィルターを適用して、画像を柔らかくするかぼかしをかけます。

アイコン
ぼかし

鮮明さ

ハイパスフィルターを適用して、画像を鮮明化します。

アイコン
鮮明さ

ノイズの消去

メディアンフィルターを適用してノイズを消去します。

アイコン
ノイズの消去

ソラリゼーション

ソラリゼーションを定義するダイアログを開きます。ソラリゼーションとは、写真の現像中に大きすぎる露光があった場合に似た効果です。色が部分的に反転されます。

アイコン
ソラリゼーション

パラメーター

ソラリゼーションの程度と種類を指定します。

しきい値

明度をパーセントで指定します。 この値を上回るピクセルは、ソラリゼーションの対象になります。

逆転

ピクセルの逆転も行うかどうかを指定します。

エイジング

すべてのピクセルにグレーが設定されたあと、緑と青のカラーチャネルが指定量減らされます。赤のカラーチャネルは変更されません。

アイコン
エイジング

エイジング度合

エイジングの度合いをパーセント値で定義します。0% の場合、すべてのピクセルがグレーで表示されます。100% の場合、赤のカラーチャネルだけが残ります。

ポスター

ポスターカラーの数を指定するダイアログが表示されます。 この効果は、減色に基づきます。写真が絵画のように見えるようになります。

アイコン
ポスター

ポスターカラー

画像の減色後の色数を指定します。

ポップアート

画像をポップアート風に変換します。

アイコン
ポップアート

木炭画

画像を木炭画のように表示します。画像の輪郭が黒で描かれ、元の色は抑制されます。

アイコン
木炭画

レリーフ

レリーフを作成するためのダイアログが表示されます。 作成される影のスタイル、レリーフ内でのグラフィックスイメージの印象を決定付ける想像上の光源の位置を選択できます。

アイコン
レリーフ

光源

光源の位置を指定します。光源は点によって表されます。

モザイク

ピクセルの小グループを同色の方形領域に結合します。 各方形が大きいほど、画像が粗く表示されます。

アイコン
モザイク

要素の解像度

方形に結合するピクセル数を指定します。

各タイルの幅を指定します。

高さ

各タイルの高さを指定します。

角を強調する

オブジェクトの境界線が強調 (シャープ化) されます。


Related Topics

ビットマップの挿入、編集、保存