全般

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

全般セクションでは、ドキュメントの保存に関する標準設定と、標準ファイル形式を選択できます。

ツール → オプション → 読み込み / 保存 → 全般 を選択

読み込む

ユーザー独自の設定をドキュメントとともに読み込む

ドキュメント内に保存されたユーザー独自の設定をドキュメントとともに読み込みます。

ユーザー独自の設定をドキュメントとともに読み込む が選択されていない場合は、次のユーザー独自の設定が適用されます。

  • ファイル → 印刷 → 追加にある追加設定、
  • Faxの名称
  • テキストテーブルの改行の位置決め、
  • リンク、フィールド機能、図表などの自動実行に関する情報、
  • アジア系文字列の取り扱いに関する情報。

次の設定は、このオプションがオンであるかどうかにかかわらず、常にドキュメントとともに読み込まれます。

  • ドキュメントとリンクされているデータソースやその見栄え。

プリンター設定をドキュメントとともに読み込む

このオプションがオンの場合、プリンター設定がドキュメントとともに読み込まれます。これにより、「印刷」ダイアログで手動でプリンターを変更しなければ、ドキュメントは離れた場所にあるプリンターで印刷される場合があります。このオプションがオフの場合、標準のプリンターを使用してこのドキュメントを印刷します。このオプションをオンにするかオフにするかに関わらず、現在のプリンター設定がドキュメントとともに保存されます。

保存

ドキュメントを自動的に保存する

保存時にプロパティの確認

名前を付けて保存 コマンドを選択するたびに、プロパティダイアログを表示します。

常時バックアップコピーの作成

ドキュメントを保存するときに、以前のバージョンのドキュメントをバックアップコピーとして保存します。LibreOffice がバックアップコピーを作成するたびに、以前のバックアップコピーは上書きされます。バックアップコピーの拡張子は .BAKです。

バックアップコピーの保存位置を変更するには、 ツール → オプション → LibreOffice → パス を選択して、バックアップファイルの新しいパスを入力します。

自動回復情報を保存

LibreOffice がクラッシュが発生した場合に、開いているすべてのドキュメントを復元するために必要な情報を保存することを指定します。保存の時間間隔も指定できます。

分毎に行う

自動復元オプションの時間間隔 (分) を指定します。

Automatically save the document too

Specifies that LibreOffice saves all open documents when saving auto recovery information. Uses the same time interval as AutoRecovery does.

ファイルシステムに関連した URL を保存

このオプションでは、ファイルシステムおよびインターネット上で URL の 相対 アドレス指定用の標準を選択できます。相対アドレス指定を使用できるのは、ソースドキュメントと参照先ドキュメントが同じドライブ上に存在する場合に限られます。

相対アドレスは、常に現在のドキュメントの置かれたディレクトリを開始位置として指定します。これに対して絶対アドレスは、ルートディレクトリを開始位置として指定します。下記の表は、相対参照と絶対参照の例をまとめたものです。

ファイルシステム インターネット
相対 ../images/img.jpg ../images/img.jpg
絶対 file:///c:/work/images/img.jpg http://myserver.com/work/images/img.jpg
Warning.png ヒントのヘルプでは、常に絶対パスを表示します。このオプションをアクティブにすると LibreOffice はHTML形式のファイル書式で保存するときに相対パスを使います。

ファイルシステム内の URL の相対保存 を行う場合はこのボックスをオンにします。

URL アドレスの相対保存

URL アドレスを 相対保存 するにはこのボックスを選択します。

標準ファイル形式と ODF 設定

ODF 形式バージョン

OpenOffice.org 3 と StarSuite 9 は、OpenDocument フォーマット (ODF) version 1.2 を使って保存しなければならない機能を新たに導入します。OpenOffice.org 2 と StarSuite 8 がサポートしているのは ODF 1.0/1.1 です。この以前のファイルフォーマットでは、新しい機能がすべては保存されません。

現在の LibreOffice バージョンは、ODF フォーマット 1.0/1.1 と 1.2 を開くことができます。

ドキュメントを保存する場合、ODF 1.2、ODF 1.2 (拡張)、または以前の ODF 1.0/1.1 で保存するかを選択できます。

Note.png 現在、ODF 1.2 (拡張) フォーマットでは、Draw と Impress のファイルにコメントを含めるようにできます。コメントは、最新のソフトウェアバージョンの 挿入 → コメントで挿入できます。最新バージョンで保存されたコメントは、前のバージョンで読み込むと失われます。

一部の企業や組織は、ODF 1.0/1.1 形式の ODF ドキュメントを要求する場合があります。この形式をリストボックスで選択して、保存することができます。この古い形式は、すべての新しい機能を保存できません。可能な限り、新しい形式の ODF 1.2 (拡張) を使うようにしてください。

The ODF 1.2 Extended (compat) mode is a more backward-compatible ODF 1.2 extended mode. It uses features that are deprecated in ODF1.2 and/or it is 'bug-compatible' to older OpenOffice.org versions. It may be useful, if you need to interchange ODF documents with users, who use pre-ODF1.2 or ODF1.2-only legacy applications.

ODF または標準の形式で保存しない場合に警告する

OpenDocument ではない形式、または ツール → オプション → 読み込みと保存 → 全般でユーザーが標準として設定していない形式で、ドキュメントを保存する場合に、警告メッセージを表示するかを選択できます。

種類の異なる様々なドキュメントを保存する際に、どのファイル形式を標準ファイル形式とするかを選択できます。たとえば、常に Microsoft Office を使用しているユーザーとのファイル交換を行うのであれば、ここで Microsoft Office のファイル形式だけを標準として使用するよう LibreOffice に指定できます。

ドキュメントの種類

標準ファイル書式を適用するドキュメントの種類を指定します。

常に次の形式で保存

左側で選択した種類のドキュメントを、常にこの形式で保存させる方法を指定します。また現在のドキュメントについてはダイアログ 名前を付けて保存 を開いて、他のファイル形式を指定して保存することもできます。