Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

全般

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

Defines the general options for drawing or presentation documents.

プレゼンテーションドキュメントを開いてから ツール → オプション → LibreOffice Impress または LibreOffice Draw → 全般 を選択

テキストオブジェクト

クイック編集を行う

オンの場合、テキストオブジェクトをクリックした後、直ちにテキストの編集モードに切り替えます。オフにすると、テキストの編集モードに切り替えるのにダブルクリックをする必要があります。

プレゼンテーションまたは図形描画ドキュメントでは、オプション バーのクイック編集を行うアイコン を使ってテキスト編集モードを有効にすることもできます。

テキスト領域だけ選択可能

テキストをクリックしたときに、テキスト枠を選択するかどうかを指定します。

他の(まだ空白の)領域では、テキスト枠を通り抜けてその下にあるオブジェクトを選択できます。

プレゼンテーションまたは図形描画ドキュメントでは、オプション バーのテキスト範囲のみ選択可能 アイコン を使ってこのモードを有効にすることもできます。

新しいドキュメント (プレゼンテーションの場合のみ)

ウィザードで開始

Specifies whether to activate the Wizard when opening a presentation with File - New - Presentation.

設定

マスター処理でキャッシュを使用する

Specifies whether to use the cache for displaying objects on the master page. This speeds up the display. Unmark the Use background cache option if you want to display changing contents on the master page.

移動させるときにコピー

If enabled, a copy is created when you move an object while holding down the Ctrl key. The same will apply for rotating and resizing the object. The original object will remain in its current position and size.

オブジェクトは常に移動可能

Specifies that you want to move an object with the Rotate tool enabled. If Object always moveable is not marked, the Rotate tool can only be used to rotate an object.

円形にする、ゆがめない(図形描画の場合のみ)

Maintains relative alignment of Bézier points and 2D drawing objects to each other when you distort the object.

使う単位

Determines the Unit of measurement for presentations.

タブ位置

Defines the spacing between tab stops.

プレゼンテーションの開始 (プレゼンテーションの場合のみ)

Enable remote control

Specifies that you want to enable Bluetooth remote control while Impress is running. Unmark Enable remote control to disable remote controlling.

倍率 (図形描画の場合のみ)

図形描画の倍率

Determines the drawing scale on the rulers.

互換性 (ドキュメント固有の設定)

ここで行う設定は、現在のドキュメントにのみ適用されます。

ドキュメントの書式設定にプリンターのメトリックス情報を使用

プリンターメトリックスが印刷だけでなく画面表示の書式にも適用されるように指定します。 このチェックボックスがオフの場合、プリンターから独立したレイアウトが、画面表示と印刷の両方に使用されます。

Note.png 現在のドキュメントにこのオプションを設定してからドキュメントを、たとえば以前のバイナリ形式で保存すると、このオプションは保存されません。後になって、以前の形式のファイルを開いた場合、このオプションが標準で設定されます。

現在のドキュメントですべての段落の間隔を加算する

Specifies that LibreOffice Impress calculates the paragraph spacing exactly like Microsoft PowerPoint.

Microsoft PowerPoint は、上の段落間隔と下の段落間隔を加算します。LibreOffice Impress は、2 つのうち大きい値だけを使います。