データベースウイザード

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

データベースウィザードは、データベースに関する情報を含むデータベースファイルを作成します。

操作の種類およびデータベースの種類に応じて、データベースウィザードは異なる数のステップから構成されます。

  • データベースファイルを新規作成する場合、ウィザードには 2 つのステップが含まれます。

データベース選択

新しいデータベースを作成するか、既存のデータベースに接続します。

保存して続行

データベースを登録するか、編集するためにデータベースを開くか、あるいは、新しい表を挿入するかどうかを指定します。

  • データベースウィザードを開いて既存のデータベース接続用のデータベースファイルを作成する場合、パス、認証情報などを指定するための追加手順が必要な場合があります。

テキストファイル接続の設定

LDAP 接続の設定

dBASE 接続のセットアップ

JDBC 接続の設定

Oracle データベース接続

MySQL 設定

ODBC 設定

スプレッドシート接続の設定

キャンセル

キャンセル をクリックすると、変更点を保存しないでダイアログを閉じます。

元に戻す

このダイアログで、ひとつ前の作業ステップでの設定が確認できます。現在の設定は、そのまま残ります。 このボタンは、2 つめ以降のダイアログでアクティブになります。

次へ

次へ ボタンをクリックすると、ウィザードは現在のダイアログ設定を使用して、次の手順に進みます。最後の手順では、このボタンの名前が 作成 になります。