データベースショートカットキー

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

データベース内で使用可能なショートカットキーのリストを次に示します。

ここに記載されているショートカットキーのほかに、一般的な LibreOffice ショートカットキー も使用できます。

Note.png いくつかのショートカットキーがデスクトップシステムに割り当てられている場合があります。 デスクトップシステムに割り当てられているキーは LibreOffice には使用できません。 LibreOffice の ツール → カスタマイズ → キーボードタブを選択するか、またはデスクトップシステムで別のキー割り当てを行なってみてください。

データソースのショートカットキー

デザインビューにおいて

ショートカットキー 作用
(F6) デザインビュー範囲を切り替える
(Del) デザインビューからテーブルを削除する
(Tab) 接続線を選択する
(Shift)+(F10) コンテキストメニューを開きます。
(F4) プレビュー
F5 クエリーの実行
F7 テーブルまたはクエリーの追加

「コントロールの属性」ウィンドウ

ショートカットキー 作用
(Alt) + (下矢印) コンボボックスを開く
(Alt) + (上矢印) コンボボックスを閉じる
(Shift)+(Enter) 新しい行を挿入する
上向き矢印キー カーソルを前の行に移動する
下向き矢印キー カーソルを次の行に移動する
Enterキー そのボックスの入力を終了し、次のボックスにカーソルを移動する。
(Ctrl) + (F6) 作成モード以外のとき、フォーカスを最初のコントロールに移す。ここでいう最初のコントロールとは、フォームナビゲーターの冒頭にリストアップされているものです。

Basic ダイアログの作成用ショートカットキー

ショートカットキー 作用
Ctrl+PgUp 見出し間を移動します。
Ctrl+PgDn 見出し間を移動します。
(F6) ウィンドウを切り替える
(Tab) コントロールを選択する
(Shift)+(Tab) コントロールを逆の順番に選択する
(Ctrl) + (Enter) 選択したコントロールを挿入する
矢印キー

(Ctrl) + 矢印キー

選択したコントロールを各方向に 1mm ステップで移動します。制御点編集モードでは、選択したコントロールのサイズを変更します。
(Ctrl) + (Tab) 制御点編集モードでは、次のハンドルに移動します。
Shift+Ctrl+Tab 制御点編集モードでは、前のハンドルに移動します。
(Esc) 現在の選択を終了する

Related Topics

== データベーステーブルの行と列を選択する (F4 キーで開く) ==

{