LibreOffice データベース

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

LibreOffice Base では、さまざまなデータベースファイル形式で格納されたデータにアクセスできます。LibreOffice Base は、dBASE 形式など、いくつかのフラットファイルデータベース形式をサポートします。LibreOffice Base を使用して、MySQL や Oracle のデータベースなど、外部のリレーショナルデータベースに接続することもできます。

次のデータベースタイプは、LibreOffice Base では読み取り専用タイプです。 LibreOffice Base 内から、データベース構造を変更したり、これらのデータベースタイプのデータベースレコードを編集、挿入、削除したりすることはできません。

  • 表計算ファイル
  • テキストファイル
  • アドレス帳データ

LibreOffice でのデータベースの使用

  • 新規データベースファイルを作成するには、ファイル → 新規作成 → データベース を選択します。

データベースウィザードを使用すると、データベースファイルを作成したり、LibreOffice 内で新規データベースを登録することができます。

Note.png データベースファイルには、データベース用のクエリー、レポート、およびフォームだけでなく、レコードが格納されているデータベースへのリンクも含まれています。また、データベースファイルには書式設定情報も格納されています。
  • データベースファイルを開くには、ファイル → 開く を選択します。 ファイルタイプ リストボックスで、「データベースドキュメント」だけを表示を選択します。 データベースドキュメントを選択し、開く をクリックします。

Related Topics

データベースを表示

データベースの登録と削除

新規データベースの作成

テーブルの使い方

クエリーの使い方

フォームの使い方

レポートの作成

Base でのデータのインポート/エクスポート

データソースの概要

メニュー

ツールバー

データソース用ショートカットキー

Base に関する Wiki ページ