コラボレーション

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

LibreOffice Writer、Impress、および Draw では、一度に 1 人のユーザーだけがドキュメントを開いて書き込めます。Calc では、複数のユーザーが同じ表計算ドキュメントを同時に開いて書き込めます。

Calc でのコラボレーション

LibreOffice Calcでは、複数のユーザーが共有ドキュメントに対して同時に書き込みができます。コラボレーション機能を使用する場合、ユーザーの名前をツール → オプション → LibreOffice → ユーザーデータ タブページに入力しておく必要があります。

Warning.png 変更の追跡、またはドキュメントの共有が有効になっているときは、いくつかのコマンド (グレー表示になっています) が使用できません。グレー表示の要素は、新しい表計算ドキュメントに適用、または挿入できません。

新しい表計算ドキュメントの作成

ユーザー A が新しい表計算ドキュメントを作成します。次の条件が適用できます:

  • このユーザーは、コラボレーション用に表計算ドキュメントを共有しません。

    上記で説明したように、ユーザー A は、Writer、Impress、および Draw のドキュメントを開いたり、編集したり、保存したりすることができます。
  • このユーザーは、コラボレーション用に表計算ドキュメントを共有します。

    ユーザーは、ツール → ドキュメントの共有 を選択し、このドキュメントでコラボレーション機能を有効にします。共有の有効化または無効化を選択できるダイアログが開きます。ユーザーが共有を有効にした場合は、ドキュメントは共有モードで保存されます。共有モードはタイトルバーにも表示されます。

ツール → ドキュメントの共有 コマンドを使用すると、現在のドキュメントのモードを非共有モードから共有モードにスイッチできます。共有ドキュメントを非共有モードで使用する場合は、ほかの名前またはパスを使用して共有ドキュメントを保存します。この操作によって、表計算ドキュメントの共有されていないコピーが作成されます。

表計算ドキュメントを開く

ユーザー A が表計算ドキュメントを開きます。次の条件が適用できます:

  • 表計算ドキュメントは共有モードではありません。

    上記で説明したように、ユーザーは、Writer、Impress、および Draw のドキュメントを開いたり、編集したり、保存したりすることができます。
  • 表計算ドキュメントは共有モードです。

    ドキュメントが共有モードであり、このモードではいくつかの機能が使用できないことをユーザーに伝えるメッセージが表示されます。ユーザーは、次回のメッセージの表示を無効にできます。「OK」をクリックすると、ドキュメントが共有モードで開きます。

共有表計算ドキュメントの保存

ユーザー A が共有ドキュメントを保存します。次の条件が適用できます:

  • ドキュメントは、ユーザー A が開いたあと、ほかのユーザーによって変更または保存されていません。

    このドキュメントが保存されました。
  • ドキュメントは、ユーザー A が開いたあと、ほかのユーザーによって変更または保存されました。

    変更がコンフリクトしない場合は、ドキュメントが保存されます。

    変更がコンフリクトする場合は、「コンフリクトの解決」ダイアログが表示されます。コンフリクトが発生した場合、ユーザー A は、保持するバージョンを決定 (「自分の変更を保持」または「他者の変更を保持」) する必要があります。すべてのコンフリクトが解決すると、ドキュメントが保存されます。ユーザー A がコンフリクトを解決している間、ほかのユーザーは共有ドキュメントを保存できません。
  • 現在、別のユーザーが共有ドキュメントを保存しようとして、コンフリクトの解決を試みています。

    マージが進行中であることを伝えるメッセージが、ユーザー A に表示されます。ユーザー A は、保存コマンドを今すぐにキャンセルしたり、保存をあとで再試行したりすることができます。

ユーザーが共有表計算ドキュメントを正常に保存すると、ドキュメントは保存コマンドのあとで再読み込みされます。表計算ドキュメントは、すべてのユーザーが保存したすべての変更の最新バージョンを表示します。別のユーザーが一部の内容を変更したときに、「外部変更が追加されました」というメッセージが表示されます。

Writer、Impress、および Draw でのコラボレーション

すべてのモジュール (Writer、Impress、Draw、Calc) でドキュメントの共有が無効になっている場合は、ファイルのロックが可能です。このファイルロック機能は、異なるオペレーティングシステムから同じドキュメントにアクセスしているときでも使用できます。

ユーザー A がドキュメントを開きます。次の条件が適用できます:

  • ドキュメントは、ほかのユーザーによってロックされていません。

    ドキュメントは、読み取り、および書き込み権を持つユーザー A によって開かれます。 ユーザー A がドキュメントを閉じるまで、ドキュメントはほかのユーザーに対してロックされます。
  • ファイルシステムは、ドキュメントを「読み取り専用」としてマークします。

    このドキュメントは読み取り専用で開きます。編集は許可されていません。ユーザー A は、別のドキュメント名または別のパスを使って、ドキュメントを保存できます。ユーザー A は、このコピーを編集できます。
  • ドキュメントは、ほかのユーザーによってロックされています。

    ユーザー A に、ドキュメントがロックされていることを知らせるダイアログが表示されます。ダイアログを使って、ドキュメントを読み取り専用モードで開いたり、ドキュメントのコピーを編集用に開いたり、ドキュメントを開くコマンドをキャンセルしたりすることができます。

ユーザーのアクセス権とドキュメント共有

オペレーティングシステムによるユーザーのアクセス許可についても条件を満たしている必要があります。

  • コラボレーションに参加するどのユーザーからもアクセスできる場所に共有ファイルを置く必要があります。
  • コラボレーションに参加するユーザーすべてからファイルの作成、削除、または変更が可能となるためには、ドキュメントファイルとロックファイルの両方にファイルへのアクセスが許可されている必要があります。
Warning.png 書き込みアクセスが許可されたユーザーは、意図的か操作ミスかにかかわらず、ファイルを削除または変更することができます。

Related Topics

名前を付けて保存