Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

日本語文の体裁

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

アジア諸言語ファイル中のセルまたは段落の文字体裁オプションを設定します。 アジア諸言語のサポートを有効にするには、ツール → オプション → 言語設定 → 言語 を選択して、アジア諸言語のサポート 領域の アクティブにする ボックスを選択します。 なお、HTML 形式ドキュメントではアジア諸言語の文の体裁オプションは無視されます。

メニュー 書式 → 段落日本語文の体裁 タブ (HTML にはない)

When in Calc: 書式 → セル → 日本語文の体裁 タブ

書式 → スタイルと書式設定 を選択し、コンテキストメニューを開いて、変更または新規作成 → 日本語文の体裁 タブを選択します。

改行時の処理

アジア諸言語のドキュメントの改行に関するオプションを設定します。

行頭および行末の禁則文字のリストで禁則処理を行う

このリストで指定した文字が行頭や行末にならないように調整します。そのような文字は前後の行に移動されます。禁則文字のリストの変更は、ツール → オプション → 言語設定 → 日本語レイアウト で設定します。

句読点のぶら下げを行う

コンマおよびピリオドでの改行を禁止します。コンマおよびピリオドは、ページ余白にかかっても行の末尾に追加されます。

日本語、英数字、および混在文章で文字間隔を調整

アジア文字、ラテン文字、複合文字の間にスペース文字を挿入します。


Related Topics

アジア言語のサポートを有効にする