Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

WEEKDAY

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

WEEKDAY

指定した日付の値の曜日を返します。タイプがないまたはタイプ = 1 が指定されている場合、日付は 1 (日曜) から 7 (土曜) の間の整数として返されます。タイプ = 2 の場合、番号付けは月曜 = 1 から始まり、タイプ = 3 の場合、番号付けは月曜 = 0 から始まります。

構文

WEEKDAY(数値;タイプ)

数値 に入力したシリアル値に対応する曜日が返されます。

タイプ は、計算のタイプを決定します。タイプ = 1 の場合、曜日は日曜から数えられます。これは、タイプパラメーターがない場合のデフォルトです。タイプ = 2 の場合、曜日は月曜 = 1 から数えられます。タイプ = 3 の場合、曜日は月曜 = 0 から数えられます。

Note.png ツール → オプション → LibreOffice Calc → 計算式 で、選択された標準の日付書式にのみ、これらの値が適用されます。

=WEEKDAY("2000-06-14") は、4 を返します。タイプパラメーターはないので、標準カウントが使用されます。標準カウントは、1 日目が日曜から始まります。2000 年 6 月 14 日は水曜だったので、4 日目です。

=WEEKDAY("1996-07-24";2) は、3 を返します。タイプパラメーターは 2 なので、月曜が 1 日目です。1996 年 7 月 24 日は水曜だったので、3 日目です。

=WEEKDAY("1996-07-24";1) は、4 を返します。タイプパラメーターは 1 なので、日曜が 1 日目です。1996 年 7 月 24 日は水曜だったので、4 日目です。

=WEEKDAY(NOW()) は、当日の番号を返します。

Tip.png A1 の日付が営業日かどうかを示す関数を取得するためには、IF 関数と WEEKDAY 関数を次のように使用します。
IF(WEEKDAY(A1;2)<6;"Business day";"Weekend")