ドラッグ&ドロップによるセルの移動

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

When you drag-and-drop a selection of cells, rows or columns on a Calc sheet, the cells (including the ones in selected rows or columns) normally overwrite the existing cells in the area where you drop. This is the normal overwrite mode.

Note that to drag-and-drop entire rows or columns, you must select the rows or columns you want to move (or copy) first, then start dragging from selected cells, not from the row or column headers (cells would be deselected by this).

Alt キーを押しながらマウスボタンを離すと、挿入モードに入ることができます。

  1. 挿入モードでは、セルをドロップする範囲の既存のセルは右または下に移動し、ドロップしたセルは、空になった位置に上書きすることなく挿入されます。
  2. 挿入モードでは、移動したセルの周囲のボックスの見た目が変わります。

    上書きモードでは、選択した範囲の 4 つの枠線がすべて表示されます。挿入モードでは、対象のセルを右に移動させると、左の枠線だけが表示されます。対象のセルを下に移動させると、上の枠線だけが表示されます。

    同じシート内で移動させる場合、対象範囲が右に移動するか下に移動するかは、元のセルと対象のセルとの間の距離によって変わります。別のシートに移動させる場合は、横のセルまたは縦のセルの数によって変わります。
  3. 挿入モードで、同じ行内でセルを移動させると (横方向のみ)、セルの挿入後にすべてのセルが左に移動して、元の範囲を埋めます。

In both modes, you can hold down the Ctrl key, or Ctrl+Shift keys while you release the mouse button to insert a copy or a link, respectively.

マウスボタンを放すときに押したままにするキー 結果
数字キー セルを移動させて、対象範囲のセルを上書きします。元のセルは空になります。
Ctrl キー セルをコピーして、対象範囲のセルを上書きします。元のセルはそのままです。
Ctrl+Shift キー 元のセルへのリンクを挿入して、対象範囲のセルを上書きします。元のセルはそのままです。
Alt キー セルを移動させて、対象範囲の右または下に移動させます。同じシートの同じ行内で移動させる場合以外は、元のセルは空になります。

同じシートの同じ行内で移動させる場合、対象範囲のセルが右に移動し、次に行全体が移動して元の範囲を埋めます。

Alt+Ctrl キー セルをコピーして、対象範囲の右または下に移動させます。元のセルはそのままです。
Alt+Ctrl+Shift キー 元のセルへのリンクを挿入して、対象範囲のセルを右または下に移動させます。元のセルはそのままです。

Related Topics

ほかのシートの参照

LibreOffice ドキュメント内のドラッグ&ドロップ