LibreOffice Calc の機能

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

LibreOffice Calc の機能を使用すると、高度な表計算ドキュメントを作成して、データを計算、解析、および管理できます。また、Microsoft Excel の表計算ドキュメントもインポートして編集できます。

計算

LibreOffice Calc の統計や財務などの関数を使用すると、複雑な計算を行う数式を作成できます。

また、関数ウィザード機能を使用すると、簡単に数式が作成できます。

さまざまな状況 "what-if" を表示

注目すべき機能は、1 つの要素を変更するだけで、その要素が関わる別のすべての要素が同時に計算および変更されることです。例えば、ローンの計算を行うとき、返済期間を変更することによって、利率や返済合計金額がどのように変わるかなどをシミュレートできます。また、さまざまな定義済みシナリオを使用することで、より大きな表を管理できます。

データベース機能

表計算ドキュメントを使用すると、データを分類、格納、およびフィルタリングできます。

LibreOffice Calc はデータベースからドラッグ&ドロップでテーブルを取り込んだり、LibreOffice Calc のシートを LibreOffice Writer の差し込み印刷のデータソースとして使ったりすることができます。

データのアウトラインを作成する

マウスを数回クリックするだけで、特定のデータ範囲を表示または非表示にしたり、一定の条件に従って書式を設定したり、あるいは、その小計や合計を計算したりできます。つまり、表計算ドキュメントをすばやく理解できます。

動的なグラフ

LibreOffice Calc を使用すると、表計算ドキュメントのデータを動的にグラフに表示できます。つまり、データを変更すると、グラフの内容も自動的に更新されます。

Microsoft のファイルを開く、保存する

LibreOffice フィルターを使用すると、Excel のファイルを変更したり、別のさまざまな 書式 を開いたり、保存したりできます。