ダイアログ表示用のプログラムコード

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

ダイアログを作成した LibreOffice BASIC ウィンドウで、ダイアログを割り当てるモジュール名のタブをクリックして、エディター画面を切り換えます。モジュール名のタブは、画面の下側に表示されています。

下記の Dialog1Show サブルーチンのコードを入力します。なおこの例では、ユーザー定義したダイアログ名を「Dialog1」としています。

Sub Dialog1Show
    BasicLibraries.LoadLibrary("Tools")
    oDialog1 = LoadDialog("Standard", "Dialog1")
    oDialog1.Execute()
End Sub

「LoadDialog」を使用しなくても、下記のコードのようにしてダイアログを呼び出すことができます。

Sub Dialog1Show
    DialogLibraries.LoadLibrary("Standard")
    oDialog1 = CreateUnoDialog( DialogLibraries.Standard.Dialog1 )
    oDialog1.Execute()
End Sub

このコードを実行すると「Dialog1」が開きます。ダイアログを閉じるには、タイトルバーにある閉じるボタン (×) をクリックします。


Related Topics

ダイアログエディターに配置したコントロールのプロパティの変更

Basic ダイアログの作成

ダイアログエディターでのコントロールの作成

ダイアログエディターでのコントロール制御用プログラミングの例