段組み

各種の段組み表示 (ページスタイル、枠、セクション) において、段数その他の表示レイアウトを指定します。

このコマンドの見つけ方

メニュー 書式 → ページ... → 段組み タブ

Choose Format - Frame and Object - Properties - Columns tab

Choose View - Styles - open context menu Modify/New - Columns tab

Choose Insert - Frame - Frame - Columns tab

メニュー 挿入 または 書式 → セクション... → 段組み タブ


プリセット

段組みは定義済み (プリセット) の中から選択したり、ユーザー独自のものを作成したりできます。ページスタイルに段組みを適用すると、そのスタイルを使用しているすべてのページが更新されます。同様に、枠スタイルに段組みを適用すると、そのスタイルを使用しているすべての枠が更新されます。段組みは単一の枠のみも適用できます。

列

段組み表示 (ページ、枠、セクション) における、段数を指定します。

段組みは定義済み (プリセット) の中からも選択できます。

選択フィールド

コンテンツを均等にすべての列に配置してください。

テキストをマルチカラムセクション内に均等に配置します。

幅と間隔

段の幅と間隔を入力します。幅自動調整 チェックボックスをオンにしている場合、その列の幅と間隔は入力できません。

(段番号)

段の番号、幅、および間隔が表示されます。

左矢印

設定対象の段を、1 つ左に移動します。

アイコン

左矢印

右矢印

設定対象の段を、1 つ右に移動します。

アイコン

右矢印

幅

段幅の指定値を入力します。

余白

段組み表示における、段と段の間隔を指定します。

自動幅調整

段組みの段幅を均一にさせます。

プレビューフィールド

現在の選択対象のプレビューが表示されます。

段組みプレビューには、段だけが表示されます。周りの要素は表示されません。

境界線

この範囲は、複数の段からなる段組みを指定した場合にのみ使用できます。

種類

段間の境界線のスタイルを選択します。境界線を表示させない場合は「なし」を選択します。

高さ

境界線の長さを、段組の高さに対するパーセント比で指定します。

位置

境界線の上下方向の表示位置を選択します。このオプションは、境界線の 高さ の指定値が 100% より小さい場合にのみ使用できます。

設定対象

段組みレイアウト設定の適用先を選択します。このオプションが表示されるのは、書式 → 段組み を選択してダイアログを開いた場合だけです。

プロパティ

文字の方向

複合文字言語 (CTL) を使用する段落での文字の表示方向を指定します。この機能が利用できるのは、複合文字言語 (CTL) の有効化オプションをオンにしている場合だけです。