参考文献項目の挿入

参考文献項目の参照項目を、ドキュメントに挿入します。

このコマンドの見つけ方

メニュー 挿入 → 目次と索引 → 参考文献項目...


項目

参考文献データベースから

参考文献データベースからの参照項目を挿入します。

ドキュメントから

挿入する参照項目の選択対象を、現在のドキュメントに登録されている参考文献レコードにします。参照文献の項目は、現在のドキュメントの登録項目が、蔵書管理データベースの登録項目より優先されます。

注マーク

参考文献項目を持つドキュメントを保存すると、対応するレコードはドキュメント内の隠しフィールドに自動的に保存されます。


略称

挿入したい参考文献の略称を選択します。

著者、タイトル

該当するデータがある場合、選択した略称の著者とタイトルが表示されます。

挿入

参考文献項目の参照項目をドキュメントに挿入します。新規レコードを作成した場合は、参照項目として挿入しておく必要があり、そうしなかった場合はドキュメントを閉じる際にレコードが失われます。

閉じる

ダイアログを閉じます。

新規作成

参考文献レコードを新規作成するための、参考文献項目の登録ダイアログを開きます。ここで作成するレコードは、現在のドキュメント内にのみ登録されます。レコードを参考文献データベースに登録するには、ツール → 参考文献データベース を選択します。

編集

選択中の参考文献レコードの登録内容を編集するための、参考文献項目の登録ダイアログを開きます。

参考文献項目に関する説明