VBA 属性

VBA (Visual Basic for Applications) コードを含む Microsoft Office ドキュメントを読み込むまたは保存するときの全般的な属性を指定します。

このコマンドの見つけ方

Choose - Load/Save - VBA Properties.


Microsoft Word 97/2000/XP

Microsoft Word ドキュメントの設定を選択します。

Basic コードの読み込み

Loads and saves the Basic code from a Microsoft document as a special LibreOffice Basic module with the document. The disabled Microsoft Basic code is visible in the LibreOffice Basic IDE between Sub and End Sub. You can edit the code. When saving the document in LibreOffice format, the Basic code is saved as well. When saving in another format, the Basic code from the LibreOffice Basic IDE is not saved.

コードを実行する

VBA (Visual Basic for Applications) コードは、実行できる状態でロードされます。このチェックボックスがチェックされていない場合、VBA コードはコメントアウトされるため、検査はされますが、実行できません。

ヒント

After loading the VBA code, LibreOffice inserts the statement Option VBASupport 1 in every Basic module to enable a limited support for VBA statements, functions and objects. See Option VBASupport Statement for more information.


オリジナル Basic コードの保存

Specifies that the original Microsoft Basic code contained in the document is held in a special internal memory for as long as the document remains loaded in LibreOffice. When saving the document in Microsoft format the Microsoft Basic is saved again with the code in an unchanged form.

Microsoft 形式以外の保存形式では、Microsoft BASIC コードが保存されません。例えば、Microsoft BASIC コードが含まれているドキュメントを LibreOffice 形式で保存すると、Microsoft BASIC コードが保存されないことが警告されます。

オリジナル Basic コードの保存 チェックボックスは、Basic コードの読み込みチェックボックスに優先します。両方のボックスにマークがあり、LibreOffice Basic IDEで無効化されたBasicコードを編集した場合、オリジナルのMicrosoft Basicコードは、Microsoft フォーマットで保存されるときに保存されます。これを通知するメッセージがあわられます。

Microsoft ドキュメントから考えうる Microsoft Basic のマクロウィルスを削除するため、オリジナル Basic コードの保存チェックボックスのマークをはずし、Microsoft フォーマットでドキュメントを保存します。ドキュメントは、Microsoft Basicコードなしで保存されます。

Microsoft Excel 97/2000/XP

Microsoft Excelのドキュメントの設定を指定します。

Basic コードの読み込み

Loads and saves the Basic code from a Microsoft document as a special LibreOffice Basic module with the document. The disabled Microsoft Basic code is visible in the LibreOffice Basic IDE between Sub and End Sub. You can edit the code. When saving the document in LibreOffice format, the Basic code is saved as well. When saving in another format, the Basic code from the LibreOffice Basic IDE is not saved.

コードを実行する

VBA (Visual Basic for Applications) コードは、実行できる状態でロードされます。このチェックボックスがチェックされていない場合、VBA コードはコメントアウトされるため、検査はされますが、実行できません。

ヒント

After loading the VBA code, LibreOffice inserts the statement Option VBASupport 1 in every Basic module to enable a limited support for VBA statements, functions and objects. See Option VBASupport Statement for more information.


オリジナル Basic コードの保存

Specifies that the original Microsoft Basic code contained in the document is held in a special internal memory for as long as the document remains loaded in LibreOffice. When saving the document in Microsoft format the Microsoft Basic is saved again with the code in an unchanged form.

Microsoft 形式以外の保存形式では、Microsoft BASIC コードが保存されません。例えば、Microsoft BASIC コードが含まれているドキュメントを LibreOffice 形式で保存すると、Microsoft BASIC コードが保存されないことが警告されます。

オリジナル Basic コードの保存 チェックボックスは、Basic コードの読み込みチェックボックスに優先します。両方のボックスにマークがあり、LibreOffice Basic IDEで無効化されたBasicコードを編集した場合、オリジナルのMicrosoft Basicコードは、Microsoft フォーマットで保存されるときに保存されます。これを通知するメッセージがあわられます。

Microsoft ドキュメントから考えうる Microsoft Basic のマクロウィルスを削除するため、オリジナル Basic コードの保存チェックボックスのマークをはずし、Microsoft フォーマットでドキュメントを保存します。ドキュメントは、Microsoft Basicコードなしで保存されます。

Microsoft PowerPoint 97/2000/XP

Microsoft PowerPointのドキュメントの設定を指定します。

Basic コードの読み込み

Loads and saves the Basic code from a Microsoft document as a special LibreOffice Basic module with the document. The disabled Microsoft Basic code is visible in the LibreOffice Basic IDE between Sub and End Sub. You can edit the code. When saving the document in LibreOffice format, the Basic code is saved as well. When saving in another format, the Basic code from the LibreOffice Basic IDE is not saved.

オリジナル Basic コードの保存

Specifies that the original Microsoft Basic code contained in the document is held in a special internal memory for as long as the document remains loaded in LibreOffice. When saving the document in Microsoft format the Microsoft Basic is saved again with the code in an unchanged form.

Microsoft 形式以外の保存形式では、Microsoft BASIC コードが保存されません。例えば、Microsoft BASIC コードが含まれているドキュメントを LibreOffice 形式で保存すると、Microsoft BASIC コードが保存されないことが警告されます。

オリジナル Basic コードの保存 チェックボックスは、Basic コードの読み込みチェックボックスに優先します。両方のボックスにマークがあり、LibreOffice Basic IDEで無効化されたBasicコードを編集した場合、オリジナルのMicrosoft Basicコードは、Microsoft フォーマットで保存されるときに保存されます。これを通知するメッセージがあわられます。

Microsoft ドキュメントから考えうる Microsoft Basic のマクロウィルスを削除するため、オリジナル Basic コードの保存チェックボックスのマークをはずし、Microsoft フォーマットでドキュメントを保存します。ドキュメントは、Microsoft Basicコードなしで保存されます。