テーブル作成

テーブル作成 ウィンドウでテーブルを定義したり、テーブルの構造を編集できます。

このコマンドの見つけ方

データベースを開く → テーブルコンテナまたはテーブルのコンテキストメニュー 新しいテーブルデザイン または テーブルの編集


データソースの概要

テーブル作成

このウィンドウには独自のメニューバーが表示されます。また新規コマンド、Index Design が追加されています。

テーブル定義のウィンドウ

この領域では、表の構成を指定します。

フィールド名

データフィールドの名前を指定します。データベースの制限 (名前の長さ、特殊文字、空白など) に注意してください。

フィールドの種類

フィールドの種類を指定します。

概要

必要に応じて説明を指定します。

各行の左端をクリックすると、下記のコンテキストメニューが表示されます。

切り取り

選択した行をクリップボードに切り取ります。

コピー

選択した行をクリップボードにコピーします。

挿入

クリップボードの内容を貼り付けます。

削除

選択した行を削除します。

行挿入

テーブルが保存されていない場合は、現在の行の上に空白行を挿入します。 テーブルが保存されている場合は、テーブルの最後に空白行を挿入します。

メインキー

このコマンドにチェックマークが付いている場合、この行のデータフィールドがプライマリキーです。このコマンドをクリックするごとに、コマンドのステータスがアクティブまたは非アクティブに切り替わります。このコマンドは、データソースがプライマリキーをサポートする場合にのみ表示されます。

フィールドのプロパティ

現在選択中のフィールドの属性を設定します。

長さ

データフィールドの長さを指定します。

小数点以下の桁数

数値フィールドまたは小数フィールドの小数点以下の桁数を指定します。

標準値

新しいデータレコードの標準値を指定します。

書式サンプル

... ボタンで選択できる書式設定コードを表示します。

...

このボタンは、フィールドの書式設定 ダイアログを開きます。

ヘルプ表示領域

ヘルプテキストを表示します。