線

選択した線、または描く線の書式設定オプションを設定します。線に矢印を追加したり、グラフのシンボルを変更したりすることもできます。

このコマンドの見つけ方

書式 → 線 → 線タブを選択

Choose View - Styles - open context menu and choose Modify/New - Line tab (presentation documents)

メニュー 書式 → タイトル → 外枠タブ (グラフドキュメント)

メニュー 書式 → 凡例... → 外枠 タブ (グラフドキュメント)

メニュー 書式 → 罫線 → 線タブ (グラフドキュメント)

メニュー 書式 → 目盛線... → 罫線 タブ (グラフドキュメント)

メニュー 書式 → グラフの壁面... → 外枠 タブ (グラフドキュメント)

メニュー 書式 → グラフの床面... → 外枠 タブ (グラフドキュメント)

メニュー 書式 → グラフの表面... → 外枠 タブ (グラフドキュメント)


線の属性

スタイル

Select the line style that you want to use.

アイコン

線スタイル

色

Select a color for the line.

アイコン

線の色

幅

Select the width for the line. You can append a measurement unit. A zero line width results in a hairline with a width of one pixel of the output medium.

アイコン

線の太さ

透過性

線の透過性を入力します。 100 % は完全に透明、0 % は完全に不透明です。

アイコン

グラフ内のデータポイント記号のオプションを設定します。

選択

グラフ内で使用するシンボルスタイルを選択します。 自動 を選択した場合、LibreOffice では、選択したグラフの種類に対応する標準のシンボルが使用されます。

幅

シンボルの幅を入力します。

高さ

シンボルの高さを入力します。

調整

新しい高さまたは幅を入力した場合にシンボルの縦横の比率が維持されます。

線の終点スタイル

選択した線の一端または両端に線の終点スタイルを追加できます。リストにユーザー定義の線の終点スタイルを追加するには、ドキュメント内で矢印を選択したあと、このダイアログの見出し 線の終点スタイル をクリックします。

スタイル

選択した線に適用する矢印を選択します。

幅

矢印の幅を入力します。

中央揃え

選択した線の端点に、線の矢印の中心が配置されます。

両端を同じにする

異なる矢印の幅、矢印のスタイル、または、矢印の中心の設定を入力したときに、両端の矢印の設定が自動的に更新されます。

Corner and cap styles

Corner style

Select the shape to be used at the corners of the line. In case of a small angle between lines, a mitered shape is replaced with a beveled shape.

Cap style

Select the style of the line end caps. The caps are added to inner dashes as well.

プレビューフィールド

現在の選択対象のプレビューが表示されます。