終了

現在のドキュメント、選択範囲、または指定ページを印刷します。また、現在のドキュメントの印刷オプションも設定できます。 印刷オプションは、使用するプリンターとオペレーティングシステムに応じて異なる場合があります。

このコマンドの見つけ方

メニュー ファイル → 印刷...

+ (P)

標準バー上でクリックします。

アイコン

ファイルを直接印刷


印刷ダイアログは大きく 3 つの部分に分かれていて、ナビゲーションボタンとプレビュー、ドキュメントの種類に対応した設定項目を切り替えて表示するタブ、そして「印刷」、「キャンセル」、「ヘルプ」から構成されています。

ドキュメントの印刷方法を簡単に知りたいときは、次のリンクのどれかをクリックしてください。

文書ドキュメントの印刷:

パンフレットの印刷

印刷プレビューを表示する

複数のページを 1 枚の用紙に印刷する

逆方向に印刷

用紙トレイを選択する

表計算ドキュメントの印刷:

シートの印刷範囲を指定する

シートの詳細を印刷する

印刷ページ数を指定する

横書式でシートを印刷する

行または列を全ページに繰り返して印刷する

プレゼンテーションドキュメントの印刷:

プレゼンテーションの印刷

印刷の出力を用紙ページに合わせる

印刷に関する全般的な事項:

データ量を減らして高速印刷

白黒印刷

ページの最大印刷可能領域を選択

注マーク

印刷ダイアログで設定した内容は、印刷ボタンを押して開始した進行中の印刷ジョブについてのみ有効です。別のジョブでも有効となるようにするには、メニューの ツール → オプション → LibreOffice (アプリケーション名) → 印刷 を開いて設定します。


注マーク

印刷ダイアログの項目に関する詳細なヘルプを表示するには、(シフト) + (F1) を押すか メニュー ヘルプ → ヘルプ を選択します。そしてマウスポインタを印刷ダイアログの項目に合わせると拡張ヒントヘルプが表示されます。


プレビュー

プレビューを使うと、印刷されるページごとのイメージが表示されます。プレビューの下にあるボタンを押して、表示するページを選ぶことができます。

全般

「全般」タブのページには印刷に関する重要な設定項目があります。ドキュメントの内容の中から印刷する部分を選択できます。プリンターを選択してそのプリンターの設定ダイアログを開くことができます。

このオプションが有効な場合は、自動的に挿入される空白ページが印刷されます。 これは、両面印刷をしている場合に最適です。 たとえば、ある書籍では、「章」段落スタイルは、常に奇数ページから始まるように設定されています。 前の章が奇数ページで終了している場合、LibreOffice は偶数の空白ページを挿入します。 このオプションは、偶数ページを印刷するかどうかを制御します。

LibreOffice Writer / Calc / Impress / Draw / Math

印刷を始めるアプリケーションと同じ名前のタブページを使って、印刷する内容の選択、色、サイズ、ページ選択ができます。この方法ではドキュメントの種類ごとに設定されます。

ページレイアウト

「ページレイアウト」タブページでは、ドキュメントの複数のページを 1 枚の用紙にまとめて印刷する設定ができます。用紙にページを配置する順序やサイズを設定します。

1 枚の用紙に複数のページを配置する場合の順序を変更します。配置された状態はそれぞれの用紙のプレビューで確認できます。

ドキュメントの種類によってはパンフレット形式の印刷ができます。

パンフレットの印刷

オプション

「オプション」タブページでは実行しようとする印刷ジョブに詳細な設定を追加できます。例えばプリンターで印刷する代わりにファイルへ出力させるように設定できます。