複数のオブジェクトを組み合わせてシェイプを作る

組み合わせた図形描画オブジェクトに対しては、グループ化したオブジェクトと同様の操作が行えますが、個々のオブジェクトを編集することはできません。

注マーク

組み合わせることができるのは、2D オブジェクトのみです。


2D オブジェクトを組み合わせるには、次の操作を行います。

  1. 複数の 2D オブジェクトを選択します。

  2. コンテキストメニューで 組み合わせ を選択します。

グループ化の場合とは異なり、組み合わせオブジェクトでは、最背面のオブジェクトの属性が全体に反映されます。このため、オブジェクトの組み合わせを解除した際には、個々のオブジェクトのオリジナルの属性は失われています。

オブジェクトを組み合わせると、オブジェクト同士の重なった部分は穴が空いたような形で表示されます。

オブジェクトを組み合わせる図

図の左には組み合わせる前のオブジェクト、右には組み合わせた後のオブジェクトを示しています。

シェイプの形成

シェイプを生成するには、シェイプ合わせて 1 つにする、1 つにして引く、または一部を切り取る コマンドを複数の図形描画オブジェクトに適用します。

注マーク

シェイプでのコマンドを利用できるのは、2D オブジェクトだけです。


作成したシェイプには、最も奥にある背面のオブジェクトの属性が反映されます。

シェイプを作成するには、下記の手順で操作します。

  1. 複数の 2D オブジェクトを選択します。

  2. 変更する → シェイプ を:選択し、次のいずれかのコマンドを選択します。

シェイプでのコマンド

以下に示す図では、左にコマンドを実行する前の状態、右にはコマンドを実行した後の結果が見られます。

シェイプ → 合わせて1つにする

シェイプを合わせて 1 つにする図

選択した複数の多角形は、それぞれ部分オブジェクトとなり、それ全体の論理和で1つのオブジェクトが形成されるように合わされて1つになります。

シェイプ → 1つにして引く

シェイプを取り除く図

選択したすべての多角形は、最背面にある多角形から引かれます。

シェイプ → 一部を切り取る

シェイプの一部を切り取る図

選択した複数の多角形は、それら全部の表面が論理式ANDで求めた切断面となる1つの多角形になります。

すべて の多角形が重なったところの表面だけが残ります。