オプション

特定種類のグラフで使用できる一部のオプションは、このダイアログで定義します。 「オプション」ダイアログの内容は、グラフの種類によって異なります。

このコマンドの見つけ方

書式 → 書式選択 → データ系列 → オプション タブを選択します (グラフ)


データ系列の方向:

ここでは 2 つの Y 軸のどちらかを選択します。軸は個別にスケールし、属性を付けます。

第 1Y 軸

このオプションはデフォルトではアクティブです。 すべての系列は第一の Y 軸にそろえられます。

第 2Y 軸

Y 軸の拡大縮小を変更します。 この軸は、少なくとも 1 つの系列が割り当てられており、軸表示がアクティブな場合のみ表示されます。

設定

棒グラフに関する設定を行います。変更した設定は、選択中のデータ系列だけではなく、グラフ中のデータ系列のすべてに適用されます。

間隔

コラム間の間隔をパーセントで定義します。最大間隔は 600% です。

重ね合わせる

重ね合わせられている系列に必要な設定を定義します。-100 ~ +100% の範囲で選択できます。

接続線

「積み上げ」および「パーセント」列 (縦棒) グラフの場合は、このチェックボックスを指定して、属している行の層を行と接続します。

バーを並べて表示

棒グラフ内に 2 つの軸が表示されているとします。データ系列の一部がどちらか一方の軸にのみ接している場合、これらのデータ系列は別々のものとして、重なり合って表示されます。

結果として、第 1 Y 軸に接続されたバーの一部または全体が、第 2 Y 軸に接続されたバーの背後に隠れます。 これを避けるには、バーを並べて表示するオプションを有効にします。 データ系列の異なるバーが、あたかも 1 つの軸に接続されているかのように表示されます。

時計回りの方向

円グラフまたはドーナツグラフで使用できます。 円グラフの切片は、デフォルトで反時計方向に配置されます。 逆方向から切片を描画する場合は、時計回りの方向 チェックボックスを有効にします。

始める角度

円グラフやドーナツグラフの始める角度を設定するには、円の周囲の小さなドットをドラッグするか、円の内部をクリックします。 始める角度は、最初の切片が描画される位置を数学的な角度で示したものです。 90 度の場合、最初の切片は 12 時の位置に描画されます。 0 度の場合、最初の切片は 3 時の位置に描画されます。

注マーク

以前のバージョンのソフトウェアで作成した 3D 円グラフとドーナツグラフの開始角度は、90 度ではなく 0 度です。 2D グラフの場合は、以前のバージョンでも最新バージョンでも開始角度は 90 度です。


注マーク

始める角度や方向を変更した場合、最新バージョンのソフトウェアにのみ変更が反映されます。 古いバージョンのソフトウェアでは、同じドキュメントが標準値で表示されます。 標準値は、反時計方向で開始角度 90 度 (2D 円グラフの場合) か、反時計方向で開始角度 0 度 (3D 円グラフ) です。


開始角度は、0 度から 359 度の範囲で指定します。 矢印をクリックして、表示される値を変更することもできます。

欠損値のプロット

グラフに表示されるデータ系列の中に、値がないことがあります。色々なオプションから、どのように欠損値を描くのかを選択できます。オプションはいくつかのグラフの種類にのみ用いることができます。

ギャップのまま

欠損値に対しては、データは表示されません。縦棒、横棒、線、レーダーといったグラフの種類には、これがデフォルトです。

ゼロと想定

欠損値に対しては、y の値は 0 として表示されます。領域グラフには、これがデフォルトです。

線を続ける

欠損値に対しては、隣接する値からの補間が 表示されます。散布図グラフには、これがデフォルトです。

非表示セルの値を含める

チェックすると、もととなるセルの範囲内で現在非表示のセルの値も表示します。