DAYS360

1 年 360 日の単位 (利息計算に使用する) をベースに、2 つの日付の間の日数を返します。

構文

DAYS360("日付 1"; "日付 2"; タイプ)

日付 2 が 日付 1 より前の場合、この関数は負の数を返します。

オプションのパラメータ タイプ では、計算方法を指定します。タイプに 0 を指定、または空白のままにした場合は、アメリカ式 (NASD、National Association of Securities Dealers, Inc.) が適用されます。タイプに 0 以外を指定した場合は、ヨーロッパ式が適用されます。

例

=DAYS360("2000-01-01";NOW()) は、2000 年 1 月 1 日から今日までの利息支払日数を返します。