オートインプット

オートインプット機能をオンまたはオフに切り換えます。オートインプット機能とは、現在の列において以前入力されたエントリのパターンに基づいて、現在入力されているエントリを自動的に補完する機能のことです。列は、最大 2000 個のセルまたは 200 個の文字列まで考慮されます。

Deactivating Automatic Changes

このコマンドの見つけ方

Choose Tools - AutoInput.


補完された文字列は強調表示されます。

以前入力したエントリに一致する文字を使用して数式を入力していると、ヒントヘルプが表示されます。そして、定義されているすべての範囲名、データベース範囲名、およびラベル範囲の内容、および 関数ウィザード の中から、最近使用した 10 個の関数が表示されます。

オートインプット機能は大文字と小文字を区別します。たとえば、あるセルで「Total」と入力していて、同じ列の別のセルで「total」と入力しようとする場合は、まずオートインプット機能をオフにする必要があります。