XOR Operator

2 つの表式間の排他的論理和を行います。

構文:

Result = Expression1 XOR Expression2

パラメーター:

Result:演算結果を格納する数値変数。

Expression1, Expression2: 排他的論理和の演算を行う表式。

ブール型の表式に対して排他的論理和の判定をする場合、2 つの表式が互いに異なる値である場合にのみ、結果が True となります。

ビット型の表式に対して排他的論理和の演算を行う場合、両者の表式で対応するビットのいずれか一方だけが 1 である場合に、演算結果のビットが 1 となります。

例:

Sub ExampleXOR

Dim vA As Variant, vB As Variant, vC As Variant, vD As Variant

Dim vOut As Variant

    vA = 10: vB = 8: vC = 6: vD = Null

    vOut = vA > vB XOR vB > vC ' returns 0

    vOut = vB > vA XOR vB > vC ' returns -1

    vOut = vA > vB XOR vB > vD ' returns -1

    vOut = (vB > vD XOR vB > vA) ' returns 0

    vOut = vB XOR vA ' returns 2

End Sub