Err Function

プログラム実行中に発生したエラー内容の特定に利用するエラーコードを返します。

構文:

Err

戻り値:

整数

パラメーター:

エラーの内容を特定して問題点を修正する場合、Err 関数を使ったエラー処理ルーチンが利用できます。

例:

Sub ExampleError

on error goto ErrorHandler REM エラーハンドラーの設定

Dim iVar as Integer

Dim sVar As String

REM 存在しないファイルにアクセスするとエラーが発生

    iVar = Freefile

    Open "\file9879.txt" for Input as #iVar

    Line Input #iVar, sVar

    Close #iVar

Exit Sub

ErrorHandler:

    MsgBox "Error " & Err & ":" & Error$ + chr(13) + "At line :" + Erl + chr(13) + Now , 16 ,"an error occurred"

End Sub