DateDiff Function

指定された 2 つの日付値の間の日付間隔の数を返します。

構文:

DateDiff (Add, Date1, Date2 [, Week_start [, Year_start]])

戻り値:

数値。

パラメーター:

Add - 日付の間隔を指定する、後続のテーブルからの文字列式。

Add (文字列値)

説明

Yyyy

å¹´

q

四半期

m

月

y

年内の通算日

w

平日

ww

週

d

日

h

時

n

分

s

秒


Date1, Date2 - 比較する 2 つの日付値。

Week_start - 週の開始曜日を指定するオプションのパラメーター。

Week_start 値

説明

0

システムのデフォルト値を使用

1

日曜日 (デフォルト)

2

月曜日

3

火曜日

4

水曜日

5

木曜日

6

金曜日

7

土曜日


Year_start - 年の開始週を指定するオプションのパラメーター。

Year_start 値

説明

0

システムのデフォルト値を使用

1

Week 1 は 1 月 1 日を含む週 (デフォルト)

2

Week 1 は、その年の 4 日以上を含む最初の週

3

Week 1 は、新年の日付のみを含む最初の週


例:

Sub example_datediff

    MsgBox DateDiff("d", "1/1/2005", "12/31/2005")

End Sub