SetAttr Statement

指定ファイルの属性情報を設定します。

構文:

SetAttr FileName As String, Attribute As Integer

パラメーター:

FileName:属性を確認するファイルの名前およびパス。パスを指定しないと場合、SetAttr は、現在のディレクトリ中で該当ファイルを検索します。またURL 指定を用いることもできます。

Attribute: 設定ないし解除する属性情報を指定するビットパターン。

値

Named constant

Value

Definition

ATTR_NORMAL

0

Normal files.

ATTR_READONLY

1

Read-only files.

ATTR_HIDDEN

2

Hidden file


これらの属性値は、論理演算用の OR ステートメントと組み合わせて指定することもできます。

Error codes:

5 無効なプロシージャー呼び出しです

53 ファイルが見つかりません

70 アクセスが拒否されました

例:

Sub ExampleSetGetAttr

 On Error Goto ErrorHandler REM エラーハンドラー用ターゲットを設定

 If Dir("C:\test",16)="" Then MkDir "C:\test"

 If Dir("C:\test\autoexec.sav")="" Then FileCopy "c:\autoexec.bat", "c:\test\autoexec.sav"

 SetAttr "c:\test\autoexec.sav" ,0

 FileCopy "c:\autoexec.bat", "c:\test\autoexec.sav"

 SetAttr "c:\test\autoexec.sav" , ATTR_READONLY

 Print GetAttr( "c:\test\autoexec.sav" )

 End

ErrorHandler:

 Print Error

 End

End Sub