Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

テキスト検索でワイルドカードを使用する

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

ワイルドカードもしくはプレースホルダーは、部分的に曖昧な単語や非可視の文字を検索するために使われます。

ドキュメント内のテキストの検索および置換には、ワイルドカードを使用できます。たとえば「s.n」という指定には、「sun」や「son」などの文字列がヒットします。

  1. 編集 → 検索と置換を選択します。
  2. ダイアログを展開するには、詳細オプションをクリックします。
  3. 正規表現チェックボックスを選択します。
  4. ボックス 検索テキスト に、検索するテキストとワイルドカードを入力します。
  5. 検索またはすべて検索をクリックします。

正規表現の例

  1. 任意の 1 文字を表すワイルドカードは、ピリオド記号 (.) です。
  2. 直前の文字の任意回数の繰り返し (ゼロ回を含む) を示すワイルドカードは、アスタリスク記号です。たとえば「123*」とすると、「12」、「123」、「1233」などがヒットします。
  3. ゼロ以上の任意の文字数の文字列を表すワイルドカードは、ピリオド記号とアスタリスク記号の組合せ (.*) です。
  4. 段落の末尾を表すワイルドカードは、ドル記号 ($) です。段落の先頭を表すワイルドカードは、キャレット記号とピリオド記号の組み合せ (^.) です。
  5. タブ文字のワイルドカードは \t です。
Note.png 正規表現による検索は、一つの段落でのみ実行できます。複数の段落で正規表現による検索を実行するには、段落ごとに検索してください。

Related Topics

ワイルドカードの一覧