Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

Writer における検索と置換

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

テキストドキュメントでは、単語、書式設定、スタイルなどを検索できます。 検出された結果を次々にナビゲートすることも、あるいはすべての結果を一度に強調表示することもできます。続いて、ほかの書式を適用したり、検出された単語をほかのテキストに置き換えたりできます。

「検索と置換」ダイアログ

ドキュメント全体にわたってテキストを検出するには、テキストを選択しない状態で「検索と置換」ダイアログを開きます。 ドキュメントの一部だけを検索するには、まずテキストのその部分を選択し、続いて「検索と置換」ダイアログを開きます。

テキストを検索する

  1. 編集 → 検索と置換 を選択して「検索と置換」ダイアログを開きます。
  2. 検索するテキストを 検索テキスト テキストボックスに入力します。
  3. 検索 または すべて検索 をクリックします。

検索 をクリックすると、指定したエントリと一致する次のテキストが Writerによって表示されます。 そのテキストを確認して編集し、続いて 検索 を再びクリックし、次の検出テキストに移動できます。

ダイアログを閉じた場合は、キーの組み合わせ (Ctrl + Shift + F) を押すことで、ダイアログを開くことなく次のテキストを見つけることができます。

あるいは、ドキュメントの右下にあるアイコンを使用し、次のテキスト、またはドキュメント内のほかのオブジェクトに移動することもできます。

すべて検索 をクリックすると、入力に一致するすべてのテキストが Writer によって選択されます。 この時点で、たとえば検索されたすべてのテキストを太字に設定したり、一度に文字スタイルを適用したりできます。

テキストを置換する

Note.png テキストの検索と異なり、テキストの置換処理は現在選択されている範囲だけを処理対象とすることはできません。
  1. 編集 → 検索と置換 を選択して「検索と置換」ダイアログを開きます。
  2. 検索するテキストを 検索テキスト テキストボックスに入力します。
  3. 検出されたテキストを置換するテキストを 置換テキスト テキストボックスに入力します。
  4. 置換 または すべて置換 をクリックします。

置換 をクリックすると、検索テキスト ボックスに指定されたテキストが存在しないか、Writer によって現在のカーソル位置からドキュメント全体にわたって検索が行われます。 テキストが見つかると、Writer はそのテキストを強調表示し、ユーザーの応答を待ちます。ドキュメント内の強調されたテキストを 置換テキスト テキストボックス内のテキストに置換するには、置換 をクリックします。現在選択されているテキストを置換せずに検索された次のテキストに進むには、検索 をクリックします。

すべて置換 をクリックすると、指定したエントリに一致するすべてのテキストが Writer によって置換されます。

スタイルを検索する

特定の段落スタイル (「見出し 2」スタイルなど) が割り当てられたすべてのテキストをドキュメント内で検索する場合があります。

  1. 編集 → 検索と置換 を選択して「検索と置換」ダイアログを開きます。
  2. 詳細オプション をクリックし、ダイアログの詳細オプションを表示します。
  3. スタイルの検索をチェックします
    検索テキストボックスは、現在のドキュメントに適用されている段落スタイルすべてを選択できるリストボックスです。
  4. 検索するスタイルを選択し、検索 または すべて検索 をクリックします。

書式を検索する

特定の直接文字書式が割り当てられたすべてのテキストをドキュメント内で検索する場合があります。

Note.png 書式検索では直接文字属性が検索されるだけであり、スタイルの一部として適用された属性は検索されません。
  1. 編集 → 検索と置換 を選択して「検索と置換」ダイアログを開きます。
  2. 詳細オプション をクリックし、ダイアログの詳細オプションを表示します。
  3. 書式 ボタンをクリックします。
  1. 検索 または すべて検索 をクリックします。

詳細オプション

類似スペルの検索では、検索テキストとほぼ同じであるテキストを見つけることができます。 この機能では、違いとして認める文字の数を設定できます。

類似スペルの検索 オプションをチェックし、必要に応じて 「...」 ボタンをクリックして設定を変更します (3 つの数値をすべて 1 にする設定は英語の文字列に適する)。

Tip.png ツール → オプション → 言語設定 →言語 でアジア言語サポートを有効にしてある場合、アジア言語のテキストを検索するオプションが「検索と置換」ダイアログに表示されます。

ナビゲーター

ナビゲーターは、オブジェクトの検索と選択のための中心的なツールです。 ナビゲーターは、ドキュメントのアウトラインを表示して章を移動したり整えたりするためにも使用できます。

ナビゲーターウィンドウを開くには、表示 → ナビゲーター を選択します。

ナビゲーターは、同じドキュメントまたは開かれているほかのドキュメントからオブジェクト、リンク、参照などを挿入するために使用します。 詳細は、ナビゲーターガイドを参照してください。

小さい ナビゲーション ウィンドウを開くには、ドキュメントの右下にある青い円のアイコンをクリックします。

ドキュメント内で次のオブジェクトにすばやくジャンプしたり、次のテキストをすばやく検索したりするには、この小さい「ナビゲーション」ウィンドウを使用します。


Related Topics

文書ドキュメントのナビゲーター

テキスト検索でワイルドカードを使用する

属性の検索

正規表現のリスト

改行記号の削除

Calc における検索と置換