数の書式コード

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

数の書式コードは、セミコロン (;) で区切った最大 3 つの部分から構成されます。

  1. 2 つの部分から成る数の書式コードでは、最初の部分が正の値と 0 に適用され、第 2 の部分が負の値に適用されます。
  2. 3 つの部分から成る数の書式コードの場合は、最初の部分が正の値、第 2 の部分が負の値、第 3 の部分が値 0 に適用されます。
  1. また、この 3 つの部分に条件を割り当てることで、その条件が満たされた場合にのみ書式を適用することもできます。

小数点以下の桁

数値を示すプレースホルダーとしては、ゼロ (0) ないしナンバー記号 (#) を数の書式コードに記入します。どちらも該当桁の数字が表示されないよう指定する記号ですが、該当桁に数値が無い場合にナンバー記号は何も表示されないのに対して、ゼロは該当桁に 0 が表示されます。

分数の分子と分母に含める桁数を表す場合に疑問符 (?) を使用します。ここで定義したパターンに適合しない分数は浮動小数点数として表示されます。

数値の小数部の桁数が、書式コードの小数部を示すプレースホルダーよりも多い場合、書式コードの小数桁に合わせる形で数値は丸めて表示されます。数値の整数部の桁数が、書式コードの整数部を示すプレースホルダーよりも多くても、数値の整数部はそのまま表示されます。参考用として、プレースホルダーの機能と、数の書式コードの指定例を下記にまとめてあります。

プレースホルダー 意味
# 不要なゼロを表示させません。
0 (ゼロ) 書式内のゼロの数より一桁少ない場合に、ゼロを追加して表示します。

数の書式 書式コード
3456.78 は 3456.8 と表示 ####.#
9.9 は 9.900 と表示 #.000
13 は 13.0、1234.567 は 1234.57 と表示 #.0#
5.75 は 5 3/4、6.3 は 6 3/10 と表示 # ???/???
.5 は 0.5 と表示 0.##

3桁の区切り

千単位の桁区切りを示す記号には、地域設定に応じてコンマとピリオドのいずれかを指定できます。またこれらの桁区切り記号を利用して、1000 の倍数形式で数値を表示させることもできます。

数の書式 書式コード
15000 は 15,000 と表示 #,###
16000 は 16 と表示 #,

数の書式コード中へのテキストの記述法

テキストと数字

数値を含むセルに対して、テキストを含む数の書式を指定するには、二重引用符 (") でテキストの前後を囲みますが、単独の文字の場合はバックスラッシュ記号 (\) を前に付けるだけで済みます。たとえば、#.# "meters" という指定は「3.5 meters」のような表示となり、#.# \m という指定は「3.5 m」のような表示となります。

テキストとテキスト

数の書式の中にテキスト項目を含ませるには、@記号を数の書式に挿入します。セルに入力されたテキストは@記号が表示される項目にしたがって書式化されます。その書式がテキスト項目を含まない場合、そこに入力したテキストは書式の影響を受けません。

スペース

数の書式中の間隔の幅を指定するために文字を使用する場合には、アンダーバー ( _ ) に続けて該当の文字を入力します。ここで選択する文字に応じて、表示される間隔の幅が変化します。たとえば _M では _i の場合よりも間隔が広くなります。

数の書式コードのセクションの色を設定するには、大かっこ [ ] で囲まれた次の色の名前を 1 つ挿入します。

CYAN GREEN
BLACK BLUE
MAGENTA RED
WHITE YELLOW

条件

条件付きかっこ

指定の条件が満たされた場合に限って適用される数の書式を定義できます。条件は大かっこ [] で囲んで指定します。

数字と演算子 <、<=、>、>=、=、<> を任意に組み合わせて使用できます。

たとえば、気温のデータを特定の温度域ごとに色別で表示する場合は、下記のように設定します。

[BLUE][<0]#,0 "°C";[RED][>30]#,0 "°C";[BLACK]#,0 "°C"

0 ℃未満のすべての温度が青、0 ℃以上 30 ℃以下の温度が黒、30 ℃より高い温度が赤で表示されます。

正の値と負の値

数値が正、負、0 のいずれであるかに応じて数値に異なるテキストを追加する場合、次のような数の書式を定義します。

"プラス" 0; "マイナス" 0; "null" 0

パーセント表示と指数表示 (科学書式)

パーセンテージ

数をパーセントで表示するには、数の書式にパーセント記号 (%) を追加します。

科学的表記

科学表記法を使用すると、何桁にもわたる大きな数字や、小数点以下何桁にもなる小さい数字を、簡潔に表示できます。たとえば科学表記法では、650000 を 6.5 × 10^5 と表記し、0.000065 を 6.5 × 10^-5 と表記します。LibreOffice の場合、これらはそれぞれ 6.5E+5 および 6.5E-5 と表記します。科学表記法を使用して数値を表示する数の書式を作成するには、# または 0 に続けて、E-、E+、e-、e+ のいずれかを指定します。

通貨書式で使用する数の書式コード

表計算ドキュメントのセルの標準通貨書式は、オペレーティングシステムの地域設定によって決定します。必要に応じて、ユーザー独自の通貨記号をセルに適用することもできます。たとえば、ユーロ通貨は、「#.##0.00 €」と入力すると、4.50 € (Euros) と表示されます。

また、通貨記号のあとに国のロケールコードを入力すれば、通貨のロケール設定を指定できます。ドイツのユーロ通貨では、[$€-407] とします。国のロケールコードを確認するには、ダイアログ セルの書式設定 の見出し のリスト 言語 で国を選択します。

Note.png 通貨の書式コードの形式は、[$xxx-nnn] です。ただし、xxx は通貨記号、nnn は国コードです。EUR (ユーロ) などの特殊な銀行業務用記号では、国コードを必要としません。通貨の書式は、言語 ボックスで選択した言語とは無関係に設定できます。

日付および時刻の書式

日付の書式

日月年を表す場合、次の数の書式コードを使用します。

Warning.png すべての言語に対して、すべての書式コードが意味のある結果をもたらすわけではありません。
書式 書式コード
月を 3 と表示 M
月を 03 と表示 MM
月を 3月 と表示 M月
月を March と表示 (言語に英語を指定した場合) MMMM
月の頭文字 (言語に英語を指定した場合) MMMMM
日を 2 と表示 D
日を 02 と表示 DD
曜日を 土 と表示 AAA
曜日を 土曜日 と表示 AAAA
曜日を Sat と表示 (言語に英語を指定した場合) NN または DDD
年を 00 から 99 で表示 YY
年を 1900 から 2076 で表示 YYYY
WW
四半期をQ1 から Q4 で表示 Q
四半期を 第4四半期 と表示 QQ
日本の元号 (M、T、S、H) G
- -
元号、正式名称 GGGE (明治、大正、昭和、平成)
元号、一桁の年数の頭にゼロを付けない E
元号、一桁の年数の頭にゼロを付ける EE または R
元号、正式名称と年数 RR または GGGEE

上に一覧された書式形式はLibreOffice の言語と対応します。しかし、LibreOffice のロケールを 別のロケールに変える必要がある時には、そのロケールで使われている書式形式を知っておく必要があります。

例えば、ソフトウェアのロケールを英語に設定していて、 年を4桁の形式にしたいときは書式形式を YYYY で設定します。ロケールをドイツ語に変えたときは、年の書式を JJJJ に変えます。次の表はローカライズ時の違いだけを一覧にしてあります。

ロケール 曜日 年代
英語 - en

一覧にないロケール

Y M D H A G
ドイツ語 - de J T
オランダ - nl J U
フランス語 - fr A J O
イタリア語 - it A G O X
ポルトガル語 - pt A O
スペイン語 - es A O
デンマーク語 - da T
ノルウェー語 - no, nb, nn T
スウェーデン語 - sv T
フィンランド語 - fi V K P T

日付の入力

セルに日付を入力するには、グレゴリオ暦の書式を使用します。たとえばロケールが英語であれば、2002 年 1 月 2 日を示す日付は 1/2/2002 として入力できます。

日付の書式はどこで使われるものであっても ツール → オプション → 言語設定 → 言語 の設定に依存します。例えばロケール設定を「日本語」にした場合、日付には元号が使われます。LibreOffice の標準の日付書式はグレゴリオ暦表示です。

日付の書式の前に修飾子を付けると、ロケール設定とは異なる暦での表示ができます。たとえば、ヘブライ語以外のロケール設定でユダヤ暦を使うには、[~jewish]DD/MM/YYYY とします。

修飾子
[~buddhist] タイ仏教暦
[~gengou] 日本の元号暦
[~gregorian] グレゴリオ暦
[~hanja] または [~hanja_yoil] 朝鮮暦
[~hijri] アラブイスラム歴 (現在サポートされているロケールは ar_EG、ar_LB、ar_SA、ar_TN)
[~jewish] ユダヤ暦
[~ROC] 中国暦

When in Calc: 日付書式の適用されたセルが計算に含まれる場合、次のマッピングに従って計算結果に書式が設定されます。

When in Calc: {When in Calc: Date&Time書式では、セルに入力された日付および時刻がこの書式で表示されます。

When in Calc: LibreOffice では、年数が 4 桁で示されます。したがって、99/1/1 と 01/1/1 では、その差は 2 年になります。年 (2 桁) では、2 桁の年数に 2000 を加算する年を指定できます。例えば、この設定で「30/1/1」以降の日付を指定した場合、「20/1/1」は「1920/1/1」ではなく「2020/1/1」と認識されます。

Note.png LibreOffice では、数値の「0」は 1899 年 12 月 30 日として扱われます。

時刻の書式

時分秒を表す場合、次の数の書式コードを使用します。

書式 書式コード
時間を 0 - 23 と表示 h
時間を 00 - 23 と表示 hh
分を 0 - 59 と表示 m
分を 00 - 59 と表示 mm
秒を 0 -59 と表示 s
秒を 00 -59 と表示 ss
Note.png 秒を小数表示させるには、数の書式コードに小数点を加えます。たとえば、hh:mm:ss.00 と入力すると時刻は「01:02:03.45」のように表示されます。

時刻を 02:03.45 や 01:02:03.45 や 25:01:02 などの形式で入力すると、他の時刻の書式が指定されていない限り、時刻の書式は MM:SS.00 か [HH]:MM:SS.00 か [HH]:MM:SS が適用されます。

各国固有の文字を使った数値の表示

数値を各国語固有の数字で表示させるには、[NatNum1]、[NatNum2]...、[NatNum11] 修飾子を、数の書式コードの前に付けます。

コードには、ロケール設定に応じて異なった意味があります。[NatNum1] は常に、ロケール設定の数のモードに対応し、1:1 の数配置となる数字列に変換します。ロケール設定は言語、書式コードを専用に定義した国、または国ナンバー補足のあとにくるロケール設定補足 [$-yyy] (yyy は16進法の MS-LCID で、通貨書式コードにも使用される) によって決まります。たとえば、日本の漢字書式の数を英語 (米国) ロケール設定の書式に変更するには、次のコードを使います。

[NatNum1][$-411]0

下記の一覧は、LibreOffice の [NatNum] 修飾子に対応する Microsoft Excel の [DBNumX] 修飾子を示したものです。必要であれば、[NatNum] 修飾子の代わりに [DBNumX] 修飾子をロケール指定に使用することもできます。LibreOffice は内部的な変換を行い、可能な限り [DBNumX] 修飾子を [NatNumN] 修飾子へマッピングするよう試みます。

[NatNum] 修飾キーを使用して日付を表示させると、ほかの種類の数値とは別の効果を加えることができます。そのような効果は、「CAL: 」で示されます。たとえば、「CAL: 1/4/4」は、年を、[NatNum1] 修飾キーで表示し、日と月を [NatNum4] 修飾キーで表示することを示します。「CAL」を指定しないと、特定の修飾キーに対する日付書式はサポートされません。

[NatNum1] 翻字

中国語:中国語の小文字; CAL:1/7/7 [DBNum1]
日本語: 短漢字 [DBNum1]; CAL: 1/4/4 [DBNum1]
韓国語: 韓国語小文字 [DBNum1]; CAL: 1/7/7 [DBNum1]
タイ語:タイ語の文字
アラビア語:インド語派文字
インド語: インド文字
ヘブライ (Hebrew): ヘブライ文字
[NatNum2] 次の言語に字訳
中国語: 中国語大文字; CAL: 2/8/8 [DBNum2]
日本語: 旧漢字; CAL: 2/5/5 [DBNum2]
韓国語: 韓国語大文字 [DBNum2]; CAL: 2/8/8 [DBNum2]
[NatNum3] 次の言語に字訳
中国語:全幅アラビア数字; CAL:3/3/3 [DBNum3]
日本語: 全幅アラビア数字; CAL: 3/3/3 [DBNum3]
韓国語:全幅アラビア数字 [DBNum3]; CAL:3/3/3 [DBNum3]
[NatNum4] 次の言語に字訳
中国語:小文字テキスト [DBNum1]
日本語: 現代長漢字テキスト [DBNum2]
韓国語:正式な小文字テキスト
[NatNum5] 次の言語に字訳
中国語: 中国語大文字テキスト [DBNum2]
日本語: 古典長漢字テキスト [DBNum3]
韓国語: 公式大文字テキスト
[NatNum6] 次の言語に字訳
中国語:全幅テキスト [DBNum3]
日本語: 全幅テキスト
韓国語:全幅テキスト
[NatNum7] 次の言語に字訳
日本語: 現代短漢字テキスト
韓国語: 非公式小文字テキスト
[NatNum8] 次の言語に字訳
日本語: 古典短漢字テキスト [DBNum4]
韓国語: 非公式大文字テキスト
[NatNum9] 次の言語に字訳
韓国語:ハングル文字
[NatNum10] 次の言語に字訳
韓国語:正式なハングルテキスト [DBNum4;]; CAL:9/11/11 [DBNum4]
[NatNum11] 次の言語に字訳
韓国語:略式のハングルテキスト