Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

条件

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

選択したセルまたはセル範囲の入力規則を指定します。

メニュー データ → 入力規則 → 条件 タブ

たとえば、次のような入力規則を指定できます:「1 から 10 までの数字」や「20 文字より少ないテキスト」などです。

入力値の種類

選択したセルまたはセル範囲に入力できるデータの種類を選択します。

条件には次のものがあります:

関係 作用
すべての値 制限なし。
整数 条件と一致する整数のみ。
小数 条件と一致するすべての数値。
日付 条件と一致するすべての数値。入力した値は、このダイアログの次回呼び出し時に適宜書式設定されます。
時刻 条件と一致するすべての数値。入力した値は、このダイアログの次回呼び出し時に適宜書式設定されます。
セルの範囲 セルの範囲で指定された値のみを許可します。セルの範囲は明示的に指定するか、名前付きデータベース範囲、または名前付き範囲として指定できます。範囲は 1 列または 1 行のセルで構成されます。列または行の範囲を指定すると、最初の列のみが使用されます。
リスト リスト内で指定された値または文字列のみを許可します。文字列と値は混在できます。数字については値が照合されるので、リストで 1 を入力すると、エントリ 100% も有効になります。
テキストの長さ 長さが条件と一致する入力。

空白セルを許可する

ツール → トレース → 無効な値を丸で囲む と組み合わせて、空白のセルを無効なデータ (無効) として表示するか、しないか (有効) を定義します。

選択リストを表示する

選択可能な、すべての有効な文字列または値のリストを示します。このリストは、セルを選択し、(Ctrl) + (D) キー (Mac: Command + D) キーを押すことでも開けます。

エントリを昇順に並べ替える

選択リストを昇順に並べ替え、リストで重複するエントリにフィルターを適用します。チェックされなければ、データソースの順序が取られます。

ソース

有効な値またはテキストを含むセル範囲を入力します。

エントリ

エントリ (有効な値または文字列) を入力します。

データ

使用する比較演算子を選択します。使用可能な演算子は、許可 ボックスで選択した値によって変わります。「次の値の間」と「次の値の間でない」を選択した場合、最小値最大値 入力ボックスが現れます。それ以外の場合、最小最大または値 のいずれかの入力ボックスだけが現れます。

Value

許可 ボックスで選択した入力値を検査する条件で使用する値を入力します。

最小値

許可 ボックスで選択した入力値を検査する条件で使用する最小値を入力します。

最大値

許可 ボックスで選択した入力値を検査する条件で使用する最大値を入力します。