Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

ページ番号

From LibreOffice Help
Jump to navigation Jump to search

Writer では、ページ番号はユーザーがテキスト内に挿入できるフィールドの 1 つです。

ページ番号を挿入する

現在のカーソル位置にページ番号を挿入するには、挿入 → フィールド → ページ番号 を選択します。

Tip.png 番号ではなく「ページ番号」というテキストが表示される場合は、表示 → フィールド名 を選択してください。

ただし、これらのフィールドはユーザーがテキストの追加または削除を行うと位置が変わります。 このため、位置が同じでページごとに繰り返されるヘッダーまたはフッターにページ番号フィールドを挿入すると便利です。

現在のページスタイルを持つすべてのページにヘッダーまたはフッターを追加するには、挿入 → ヘッダー → (ページスタイルの名前)または挿入 → フッター → (ページスタイルの名前) を選択します。

定義されたページ番号で始める

ページ番号は、次に示す方法でさらに細かく管理できます。 ページ番号 12 から開始すべきテキストドキュメントを作成します。

  1. ドキュメントの最初の段落をクリックします。
  2. 書式 → 段落 → 体裁 を選択します。
  3. 「区切り」エリアで、挿入 を有効にします。 ページスタイル付き を有効にし、新しい ページ番号 が設定できるようにします。 OK をクリックします。
Note.png 新しいページ番号は、ページの最初の段落の属性の 1 つです。

ページ番号のスタイルを書式設定する

ローマ数字を使用して i、ii、iii、iv のようにページ番号を付けます。

  1. ページ番号フィールドの直前をダブルクリックします。 フィールドの編集 ダイアログが表示されます。
  2. 数値書式を選択し、OK をクリックします。

異なるページ番号スタイルの使用

ローマ数字スタイルのページがいくつかあり、そのあとに異なるスタイルのページが続くという状態が条件となります。

Writer では、異なるページスタイルが必要になるでしょう。最初のページスタイルのフッターは、ローマ数字が付くようにページ番号フィールドが書式設定されています。その次のページスタイルのフッターは、別の表示となるようにページ番号フィールドが書式設定されています。

両方のページスタイルを、改ページで分離する必要があります。 Writer では、改ページを自動的に行うことも手動で挿入することもできます。

  • 自動改ページは、ページスタイルに異なる「次のスタイル」が指定される場合、ページの最後に出現します。

    たとえば、「最初のページ」ページスタイルには、次のスタイルとして「標準」を指定することができます。 この指定を確認するには、(F11) を押して スタイルと書式設定 ウィンドウを開き、ページスタイルアイコンをクリックし、「最初のページ」エントリを右クリックします。 コンテキストメニューから変更を選択します。「管理」タブで、「次に続くスタイル」を確認できます。
  • 手動で挿入された改ページは、ページスタイルを変更せずに適用することも、ページスタイルを変更して適用することもできます。

    単に Ctrl + Enter キーを押すと、スタイルを変更せずに改ページを適用することになります。

    挿入 → 任意区切り を選択すると、スタイルの変更 (変更ありか変更なし) またはページ番号の変更を指定して改ページを挿入できます。

ページスタイル間に手動挿入で改ページを行うか、それとも自動変更にするか、どちらがよいかはドキュメントに依存します。 ほかのページとは異なるスタイルを持つタイトルページが 1 つだけ必要な場合は、次に示す自動手法を採用できます。

最初のページに異なるページスタイルを適用する

  1. ドキュメントの最初のページをクリックします。
  2. 書式 → スタイルと書式設定を選択します。
  3. スタイルと書式設定 ウィンドウで、ページスタイル アイコンをクリックします。
  4. 「最初のページ」スタイルをダブルクリックします。

以上の操作で、タイトルページにはスタイル「最初のページ」が設定され、後続のページには自動的に「標準」スタイルが設定されます。

ここで、たとえば「標準」ページスタイルだけにフッターを挿入したり、両方のページスタイルにフッターを挿入し、別々のページ番号フィールド書式を指定したりできます。

手動挿入のページスタイル変更を適用する

  1. 異なるページスタイルを適用するページの最初の段落の先頭をクリックします。
  2. 挿入 → 任意区切り を選択します。 区切りの挿入 ダイアログが表示されます。
  3. スタイルリストボックスで、ページスタイルを選択します。新しいページ番号も設定できます。OK をクリックします。

選択したページスタイルは、現在の段落から、スタイルが指定された次の改ページ位置まで使用されます。 新しいページスタイルを最初に作成しなければならないことがあります。

関連テーマ

ページ番号をフッターに挿入する

ヘッダーとフッターについて

奇数ページと偶数ページにおけるページスタイルの交替

選択内容からのページスタイル

ヘッダーおよびフッターへの章のタイトルや番号の挿入

ヘッダーおよびフッターの書式設定