Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

改行、改段、改ページ記号を挿入する

From LibreOffice Help
Jump to navigation Jump to search

現在のカーソル位置に、改行、改段、または改ページを、ユーザー指定で挿入します。

メニュー 挿入 → 任意区切り...

種類

挿入する任意区切りの種類を選択します。

改行

改行記号を挿入して、カーソルの現在位置より右にあるテキストを、次行の先頭部に移動します。ただし、新しい段落を作成するわけではありません。

Tip.png 任意改行は、(Shift) + (Enter) キーでも挿入できます。

段区切り

(段組みレイアウトにおいて) 改段記号を挿入して、カーソルより右にあるテキストを、次のの先頭部に移動します。改段記号を挿入すると、次の段の上枠に印刷対象外の境界線が表示されます。

改ページ

改ページ記号を挿入して、カーソルの現在位置より右にあるテキストを、次ページの先頭部に移動します。改ページを挿入すると、次ページの上枠に印刷対象外の境界線が表示されます。

Tip.png 改ページは、(Ctrl) + (Enter) でも挿入できます。ただし、改ページ挿入用のメニューコマンドを用いると、次ページに適用するページスタイルをユーザー指定できます。

スタイル

改ページの直後にくるページに適用するページスタイルを選択します。

ページ番号の変更

改ページ記号の直後にくるページに対して、ユーザー指定のページ番号を新規に割り当てます。このオプションが使用できるのは、改ページ後のページに異なるページスタイルを適用させた場合だけです。

ページ番号

改ページの直後にくるページに適用する、ユーザー指定の新規ページ番号を入力します。

Note.png 任意区切りを表示するには、メニュー 表示 → 編集記号 を選択します。

関連テーマ

改ページの挿入と削除