Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

ページの方向を変更する (縦長または横長)

From LibreOffice Help
Jump to navigation Jump to search

たとえばページの向きなど、Writer 文書ドキュメントのすべてのページプロパティは、ページスタイルで設定されます。標準設定では、新しい文書ドキュメントは、すべてのページに 標準 ページスタイルを使用します。既存の文書ドキュメントを開いた場合は、別のページスタイルがページに適用されていることがあります。

ページのプロパティに適用した変更は、現在のページスタイルを使用しているページだけに影響を与えることに注意してください。現在のページスタイルは、下のウィンドウ境界にあるステータスバーに表示されます。

すべてのページのページ方向を変更する

文書ドキュメントが同じページスタイルのページだけで構成されている場合は、ページのプロパティを直接変更できます。

  1. 書式 → ページ を選択します。
  2. ページ タブをクリックします。
  3. 用紙サイズの下の「縦」か「横」を選択します。
  4. OK をクリックします。

一部のページだけページ方向を変更する

LibreOffice は、ページスタイルを使用して、ドキュメントのページの向きを指定します。ページスタイルは、ヘッダーおよびフッターや、ページ余白など、さらに多くのページプロパティを定義しています。現在のドキュメントの 標準 ページスタイルを変更したり、独自のページスタイルを定義してテキストの一部に適用したりすることができます。

このヘルプページの最後で、ページスタイルの適用範囲を詳細に説明します。ページスタイルの概念について不明な点がある場合は、このページの終わりにあるセクションを読んでください。

Note.png 文字スタイルや段落スタイルとは違い、ページスタイルには階層がありません。既存のページスタイルのプロパティに基づいて新しいページスタイルを作成できますが、あとでソーススタイルを変更したときに、新しいページスタイルは変更を自動的に継承しません。

同じページスタイルを共有しているすべてのページの方向を変更するには、ページスタイルを最初に用意してから、このスタイルを適用します。

  1. 書式 → スタイルと書式設定を選択します。
  2. ページスタイル アイコンをクリックします。
  3. ページスタイルを右クリックして、新規作成 を選択します。新規ページスタイルは、選択したページスタイルのすべてのプロパティを取得します。
  4. 管理 タブを表示して、名前 ボックスにページスタイルの名前を入力します (例: My Landscape)。
  5. 次に続くスタイル ボックスで、新しいスタイルのページの次のページに適用させるページスタイルを指定します。このヘルプページの終わりにある、ページスタイル適用範囲についてのセクションを参照してください。
  6. ページ タブをクリックします。
  7. 用紙サイズの下の「縦」か「横」を選択します。
  8. OK をクリックします。

これで、「My Landscape」という名前のページスタイルが適切に設定されました。新しいスタイルを適用するには、スタイルと書式設定 ウィンドウで「My Landscape」ページスタイルをダブルクリックします。ページスタイルの現在の適用範囲にあるすべてのページが変更されます。「次のスタイル」を別のスタイルに設定している場合は、ページスタイルの現在の適用範囲にある最初のページだけが変更されます。== ページスタイルの適用範囲 ==

LibreOffice のページスタイル適用範囲に注意する必要があります。ページスタイルを編集すると、文書ドキュメントのどのページが影響を受けますか。

1 ページの長さのスタイル

ページスタイルは、1 ページだけに指定できます。最初のページ スタイルは一例です。書式 → ページ → 管理 タブページで、別のページスタイルを「次に続くスタイル」に指定し、ページスタイルを適切に設定します。

1 ページの長さのスタイルは、現在のページスタイル適用範囲の下枠から始まり、次の改ページまで続きます。テキストが次のページに流れ込むと、次の改ページが自動的に表示されます。これを「ソフト改ページ」と呼ぶ場合があります。または、手動で改ページ記号を挿入できます。

カーソルの位置に任意改ページを挿入するには、Ctrl + Enter を押すか、挿入 → 任意区切り を選択し、「OK」をクリックします。

手動で定義されたページスタイル範囲

書式 → ページ → 管理 タブページで、標準 のページスタイルが別の「次に続くスタイル」を設定していません。その代わり、「次に続くスタイル」も 標準 に設定されました。同じページスタイルに続くすべてのページスタイルは、複数のページにまたがります。ページスタイル適用範囲の上下の枠は、「スタイル付き改ページ」で設定されます。2 つの「スタイル付き改ページ」の間にあるすべてのページが同じページスタイルを使用します。

「スタイル付き改ページ」をカーソルの位置に直接挿入できます。また、「スタイル付き改ページ」を段落または段落スタイルに適切に適用できます。

下記のいずれかのコマンドを実行します。

  • カーソルの位置に「スタイル付き改ページ」を挿入するには、挿入 → 任意区切り を選択して、リストボックスから スタイル 名を選択し、「OK」をクリックします。
  • 「スタイル付き改ページ」を現在の段落に適切に適用するには、書式 → 段落 → 体裁 を選択します。区切りエリアで、挿入ページスタイル付き を有効にします。リストボックスからページスタイル名を選択します。
  • 「スタイル付き改ページ」を現在の段落スタイルに適切に適用するには、現在の段落を右クリックします。コンテキストメニューから 段落スタイルの編集 を選択します。体裁 タブをクリックします。区切りエリアで、許可するページスタイルを使用 を有効にしリアで、挿入ページスタイル付き を有効にします。リストボックスからページスタイル名を選択します。
  • 「スタイル付き改ページ」を任意の段落スタイルに適切に適用するには、書式 → スタイルと書式設定 を選択します。段落スタイル アイコンをクリックします。変更する段落スタイルの名前を右クリックして、変更 を選択します。体裁 タブをクリックします。区切りエリアで、挿入ページスタイル付き を有効にします。リストボックスからページスタイル名を選択します。

関連テーマ

ヘッダーとフッターについて

選択内容からのページスタイル

ヘッダーおよびフッターへの章のタイトルや番号の挿入

ヘッダーおよびフッターの書式設定