Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

外枠

From LibreOffice Help
Jump to navigation Jump to search

Writer または Calc で選択したオブジェクトの枠線オプションを設定します。

枠線の位置、サイズ、スタイルを指定することができます。When in Writer: LibreOffice Writer では、ページ、枠、図、表、段落および、埋め込みオブジェクトに枠線を追加できます。

(すべてのオプションは Writer または Calc 内でのみ有効)

メニュー 書式 → 段落...外枠 タブ

書式 → 画像 → 外枠 タブ

書式 → 枠/オブジェクト... → 外枠 タブを選択します

メニュー 書式 → ページ... → 外枠 タブ

書式 → スタイルと書式設定 を選択し、コンテキストメニューを開いて、変更または新規作成 → 外枠 タブを選択します。

書式 → ページ → ヘッダー ボタンを選択

書式 → ページ...→フッター詳細 ボタンを選択します。

When in Calc: 書式 → セル → 枠線 を選択

When in Writer:

Tip.png 表全体の枠線を変更するには、表のセル内にカーソルを置き、右クリックして を選択したあと、枠線 タブをクリックします。表のセルの枠線を変更する場合は、そのセルを選択してから、右クリックして を選択したあと、外枠 タブをクリックします。

文書ドキュメント内のユーザー定義の外枠

When in Calc: セル内のユーザー定義枠

線を引く位置

Select a predefined border style to apply.

表または表計算ドキュメントでは、既製の枠線を追加したり削除したりすることもできます。表 バー枠線 アイコンを使用します。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
枠線

適用する外枠スタイルをクリックします。プレビューで選択した外枠にスタイルが適用されます。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
線スタイル

選択した枠線に使用する線色を選択します。

内容までの間隔

選択対象の外枠線と内容の間に置く間隔を指定します。

選択対象の左枠線とその内容の間の間隔を入力します。

選択対象の右枠線とその内容の間の距離を入力します。

選択対象の上枠線とその内容の間に設ける距離を入力します。

選択対象の下外枠線とその内容の間に置く間隔を入力します。

比率を保つ

新しい距離を入力すると、4 つの枠線すべてに同じ 内容までの間隔 設定が適用されます。

影付き

外枠には影を付けることもできます。この効果は 4 方向すべての外枠を表示した場合に、最適な表示となります。

Note.png ドキュメント内の枠にアンカーした図またはオブジェクトでは、そのサイズが枠のサイズを超えることができません。枠一杯のオブジェクトの外枠線に影を付けると、オブジェクトのサイズが縮小し、影を表示するための余白が空きます。

位置

Click a shadow style for the selected borders.

間隔

影の幅を入力します。

影の色を選択します。

When in Writer: {{{1}}}----

Related Topics

When in Writer: オブジェクトの外枠線の指定

ページの外枠線の指定

段落用境界線の明示

表とセルの枠線の指定