Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

フィルター: 特殊フィルターを使う

From LibreOffice Help
Jump to navigation Jump to search
  1. フィルターにかけるシート範囲の列の項目欄を表の空の場所にコピーして、項目欄の下にある行にフィルターの条件を入力します。このとき、横に並んだデータは常に論理積でつながれます。そして、縦に並んだデータは常に論理和でつながれます。
  2. フィルター行列を作成した後、フィルターにかけるシート範囲を選択します。データ → フィルター → 特殊フィルター を選択して、ダイアログ 特殊フィルター を開きます。そして、フィルターの条件を定義します。
  3. 「OK」をクリックすると、フィルタの条件に合う内容の行だけが表示されます。その他の行はすべて一時的に画面から隠れます。これらの行を表示し直すには、書式 → 行 → 表示する を選択します。

レコードの数が非常に多い表計算ドキュメントを読み込みます。ここでは 総売上 という架空のドキュメントを使用しますが、レコードの数が多ければ、別のどんなドキュメントでも問題ありません。このドキュメントは次のようなレイアウトになっています。

A B C D E
1 標準 ビジネス ハイクラス スイート
2 1月 125600 200500 240000 170000
3 2月 160000 180300 362000 220000
4 3月 170000 etc...

行1 を見出し (データフィールド名) 付きでコピーし、行20 に貼り付けます。行21、22... には、「または」で結ぶフィルター条件を入力します。その範囲は次のようになります:

A B C D E
20 標準 ビジネス ハイクラス スイート
21 1月
22 <160000

のセルが 1 月または 標準 のセルが 160000 より少ない値の行のみを表示するように指定します。

データ → フィルター → 特殊フィルター で行なって、セル範囲 A20:E22 を選択します。「OK」をクリックすると、フィルターの条件に合う内容の行だけが表示されます。その他の行は画面から隠れます。


Related Topics

フィルターの適用

オートフィルタを使う

表示されているセルのみのコピー