配置

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

現在のセルまたは選択したセルの内容に適用する配置オプションを設定します。

When in Chart: 書式 → タイトル → 見出し → 配置 タブを選択し、書式 → セル → 配置 タブを選択します。

データベーステーブルの上端行のコンテキストメニューを開き、列の書式 → 配置 タブを選択します。

水平

セルの内容に適用する水平方向の配置オプションを選択します。

標準

このオプションで、セル内容の横方向の配置に標準設定が選択できます。

Note.png 標準 オプションを選択すると、数値は右揃えに、テキストは左揃えになります。

左揃え

セルの内容が左揃えになります。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
左揃え

右揃え

セルの内容が右揃えになります。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
右揃え

中央揃え

セルの内容が水平方向で中央に揃えられます。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
When in Calc: 水平方向で中央に揃える中央揃え

両端揃え

セルの内容がセルの左右両端の枠に揃えられます。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
両端揃え

塗りつぶし

セルの内容 (数値またはテキスト) が、セルの可視領域を満たすまで繰り返されます。この機能は、行ブレークが入っているテキストでは動作しません。

インデント

入力した量だけ、セル左端からインデントされます。

縦に

セルの内容に適用する垂直配置オプションを選択します。

標準

セルの内容がセルの下部に揃えられます。

上揃え

セルの内容をセルの上端に揃えます。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
上揃え

下揃え

セルの内容がセルの下端に揃えられます。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
下揃え

中央揃え

セルの内容が垂直方向で中央に揃えられます。

書式設定バー上のアイコン:

アイコン
中央揃え (垂直)

文字の方向

セル内容のテキストの方向が設定されます。

When in Calc: テキストを回転させる

ダイヤルをクリックすると、テキストの方向が設定できます。

角度

選択したセル内のテキストの回転角度を入力します。正の数を入力するとテキストが左に回転し、負の数を入力するとテキストが右に回転します。

基準になる縁

回転テキストの書き出し位置となるセルの縁を指定します。

  1. セルの下縁を基準に傾ける: セルの下縁を基準に文字を外側に回転します。
  2. セルの上縁を基準に傾ける: セルの上縁を基準に文字を外側に回転します。
  3. テキストのみ傾ける: セル内でのみテキストを回転します。

縦書き

テキストを縦書きにします。

このコマンドを使うためにはツール → オプション → 言語設定 → 言語 でアジア圏言語サポートを有効化しておく必要があります。

日本語縦書きレイアウトモード

このチェックボックスは、アジア言語のサポートが使用可能にされていて、文字方向が垂直に設定されている場合に限り使用可能です。選択したセル内の、アジア文字が互いに縦に揃えられます。セルに複数のテキスト行が含まれている場合には、行は右から左に整列されたテキスト列に変換されます。変換されたテキストの欧米文字は、右に 90 度回転されます。アジア文字は回転されません。

体裁

ここでセル内のテキストの流れを指定します。

テキストを自動的に折り返す

セルの境界線にあるもう1つの線でテキストを折り返します。線の本数は、セルの幅によります。 マニュアルで改行を入れるには、セルでCtrl+Enter を押します。

セルに行ブレークを挿入

ハイフネーションを行なう

テキストの次の行への折り返しで、単語ハイフネーションが有効になります。

セルサイズに合せて縮小

フォントの表示サイズを縮小して、セルの内容を現在のセル幅に合せます。行ブレークを含むセルには、このコマンドを適用できません。