Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

グラフウィザード → グラフ要素

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

グラフウィザードのこのページで、表示するグラフ要素を選択できます。

挿入 → グラフを選択します

(Shift) + (F1) を押して、このコントロールの詳細を知るためにコントロールを指します。

グラフ要素を入力するには

タイトルを入力するか、現在のグラフに表示する要素をクリックします。

タイトル

タイトル、サブタイトル、または軸のテキストを入力する場合、グラフの横にテキストを表示するために必要な空白が予約されます。 テキストを入力しない場合、空白は予約されず、グラフを表示するための空間が大きくなります。

タイトルテキストをセルにリンクすることはできません。 テキストを直接入力してください。

グラフが完成したら、書式 メニューで位置とその他のプロパティーを変更できます。

凡例

凡例には、最初の行か列、または「データ系列」ダイアログで設定した範囲から取得したラベルが表示されます。 グラフにラベルが含まれていない場合、凡例には、グラフデータの行番号または列の文字に従って、「行 1、行 2、...」または「列 A、列 B、...」などのテキストが表示されます。

テキストを直接入力することはできません。テキストは、「名前」セル範囲から自動的に生成されます。

位置オプションのいずれかを選択します。 グラフが完成したら、「書式」メニューを使用して、ほかの位置を指定できます。

目盛線

表示されるグリッド線は、グラフ内のデータ値を推定するのに役立ちます。

グリッド線の距離は、軸プロパティーの「目盛」タブの間隔設定に対応します。

グリッド線は、円グラフでは使用できません。

追加要素

要素を追加するには、編集モードでグラフの「挿入」メニューを使用します。 そこで、次の要素を定義できます:

  1. 第 2 軸
  2. 補助目盛線
  3. データラベル
  4. 統計情報 (平均値、Y 誤差範囲、トレンド線(回帰曲線)など)

Related Topics

グラフの挿入

グラフウィザード → グラフの種類

グラフウィザード → データ範囲

グラフウィザード → データ系列