Warning: This Help page is relevant to LibreOffice up to version 6.0.
For updated Help pages, visit https://help.libreoffice.org.

ドラッグ&ドロップによるセルの移動

From LibreOffice Help
Jump to: navigation, search

Calc のシート上で選択した範囲のセルをドラッグ&ドロップすると、通常、ドロップする範囲の既存のセルが上書きされます。これは、標準の 上書きモード です。

Alt キーを押しながらマウスボタンを離すと、挿入モードに入ることができます。

  1. 挿入モードでは、セルをドロップする範囲の既存のセルは右または下に移動し、ドロップしたセルは、空になった位置に上書きすることなく挿入されます。
  2. 挿入モードでは、移動したセルの周囲のボックスの見た目が変わります。

    上書きモードでは、選択した範囲の 4 つの枠線がすべて表示されます。挿入モードでは、対象のセルを右に移動させると、左の枠線だけが表示されます。対象のセルを下に移動させると、上の枠線だけが表示されます。

    同じシート内で移動させる場合、対象範囲が右に移動するか下に移動するかは、元のセルと対象のセルとの間の距離によって変わります。別のシートに移動させる場合は、横のセルまたは縦のセルの数によって変わります。
  3. 挿入モードで、同じ行内でセルを移動させると (横方向のみ)、セルの挿入後にすべてのセルが左に移動して、元の範囲を埋めます。

どちらのモードでも、Ctrl キー、またはCtrl+Shift キーを押しながらマウスボタンを離すことで、コピーまたはリンクを挿入することができます。

マウスボタンを放すときに押したままにするキー 結果
数字キー セルを移動させて、対象範囲のセルを上書きします。元のセルは空になります。
Ctrl キー セルをコピーして、対象範囲のセルを上書きします。元のセルはそのままです。
Ctrl+Shift キー 元のセルへのリンクを挿入して、対象範囲のセルを上書きします。元のセルはそのままです。
Alt キー セルを移動させて、対象範囲の右または下に移動させます。同じシートの同じ行内で移動させる場合以外は、元のセルは空になります。

同じシートの同じ行内で移動させる場合、対象範囲のセルが右に移動し、次に行全体が移動して元の範囲を埋めます。

Alt+Ctrl キー セルをコピーして、対象範囲の右または下に移動させます。元のセルはそのままです。
Alt+Ctrl+Shift キー 元のセルへのリンクを挿入して、対象範囲のセルを右または下に移動させます。元のセルはそのままです。

Related Topics

ほかのシートの参照

LibreOffice ドキュメント内のドラッグ&ドロップ